top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

KFCがピザ生地を悪役にした短編ホラー映画を製作

カラパイア


 スペインのKFC(ケンタッキー・フライド・チキン)が、ピザ生地を悪役にした14分の短編ホラー映画を製作した。

 ピザ生地が次々と人間を襲う、よくあるB級ホラー映画的な展開となっている。なぜ殺人ピザ生地なのかって?それは、ピザ生地の代わりにフライドチキンを使用した商品がスペインKFCで発売されるからさ。

 この短編映画を見たら、ピザ生地に恐怖を抱き、生地はフライドチキンにしようって思う人が続出するかもしれないし、そうでもないのかもしれない。
 



‘The Massacre’ ・ KFC’s first B-Series short film starring pizza crust ・ By NYSU & PS21

ピザ生地が次々と人を襲う「The Massacre」

 このショートフィルムのタイトルは「The Massacre(虐殺)」だ。車で古びたコテージに出かけた仲良し5人男女グループ。

 そこで怪しげなピザのデリバリーメニューを発見する。「死ぬほどうまい」と不気味なコピーが記されていたが、実はこれが伏線だったのだ。

 おちゃらけモブキャラの眼鏡男性が、このメニューからピザを出前することで突然事態は急変する。

 電話をかけている間に届いたピザ。中を開けてみるとピザ生地しかない。そのピザ生地を食べたモブキャラ男性は苦しみ始め、ピザ生地が次々と仲間を襲う。

 襲われた人はゾンビ的な怪物に変身し、仲間に襲い掛かる。主人公と思われる女性は別の男性に手をひかれ湖に。「水に入ろう!ピザは泳げない」そういって男性が飛び込むも女性は「ダメよ!ピザにはツナ(まぐろ)もあるわ!」

 その言葉通り、水の中にもピザは潜んでいたのだ。

 最終的に5人全員がピザ生地の餌食となりピザの箱型の墓地に埋葬されつつ、次の獲物を狙っていく。

 森の中の小屋、ゾンビ化、ジャンプ、血みどろなど、よくある70~80年代のB級ホラー映画の要素もりだくさんの仕上がりとなったこの映画の締めくくりは、

 「ピザ生地を見たらそばに近寄るな!ピザが食べたいなら、ピザ生地の代わりにフライドチキン生地のものがある」だ。

 まあちびっこが見たら、本当にピザ生地が食べられなくなってしまうかもだが、大人的には、懐かしのホラー映画テイストが堪能できる。

 これをみて、「そうだ!チキン生地のピザを食べよう!」とはならないかもしれないが、エンタメ的には面白い仕上がりとなっているよね。

 まあでもおいしそうではあるので、スペインKFCのチキン生地のピザ「Pollizza」が日本に上陸したら食べちゃうんだろうな。ピザ生地のモンスターを頭に描きながら。

 相変わらず海外のKFCはぶっとんだプロモーションを仕掛けて来るので目が離せないよ。

written by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル