top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大谷翔平“8月電撃トレード”か…年俸60億をエンゼルス「払えない」

週刊実話WEB

(画像)David Lee/Shutterstock 

メジャーリーグはひと足先にオールスター戦を終え、ペナントレース終盤戦に突入している。だが、優勝争いの行方以上に、アメリカのファンが注目していることがある。エンゼルス・大谷翔平の「トレード問題」だ。

「人気の大谷が獲れるとなれば、全球団が獲得に乗り出します。でも、二刀流の弊害があって…。打者・大谷の指定席はDH。ですが、DHは主力選手を休ませるために使っている球団も多いんです。獲得する側がリスクを負う可能性もあります」(米国在住ライター)

【関連】侍ジャパン“世紀のドリームチーム”編成へ!新『DH制』導入で大谷WBC出場も? ほか

しかし、オールスター戦を機に、大谷の周辺がまた騒がしくなり始めたのだ。

「MLB公式HPが『途中トレードの可能性がある球宴出場選手』の特集記事を作り、大谷の名前がバッチリ出ていました。ミナシアンGMが否定した後なんですがね」(同)

GM発言を否定する根拠は「弱いエンゼルスにいるのはかわいそう」という感情論だけではなかった。「2023年オフの再契約」にも触れられていた。

広告の後にも続きます

「米メディア各社によれば、新年俸は4,500万ドル(約60億円)。大谷の代理人とエ軍の間で行われている残留交渉が『進んでいない』と伝えられてきたが、エ軍が払えないと諦めて交渉を打ち切った、あるいは大谷サイドが提示条件を蹴ったとの情報も駆け巡っている」(現地特派記者)

それでも“残留”を前提に動いている!?

4、5人のプロスペクト(若手有望株)との「交換トレード説」もある。大谷は球宴恒例の前日インタビューで、残留交渉の行方についても聞かれていた。こちらは「代理人任せ」と当たり障りのない回答だったが、意味深だったのは来春のWBCに関するコメント。大谷は「出たい!」と意思表示しただけではなく、

「(エ軍から)プラスの意見はもらっている。快く…」

と答えていたのだ。

WBCで活躍すれば、新年俸はさらに高騰する。史上最高額となるのは必至だ。

「米球界は『WBC出場=故障離脱』の懸念も持っています。23年はトレードで他球団に行ってしまうので『知ったこっちゃない』とも解釈できますが」(同)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル