top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

医師「間食は控えて」聞き流す患者への効果的な指導方法は

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、医師である近藤靖子氏の書籍『認知症のリアル 時をかけるおばあさんたち』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【関連記事】「病院に行って!」背中の激痛と大量の汗…驚愕の診断結果は

患者へのアドバイスの伝え方

私はかかりつけ医として、慢性疾患を抱えていたり、いくつも薬を飲んでいる患者さんを長年診ています。かかりつけ医の仕事は、単に診察や処方を行うだけではなく、健康相談や生活指導なども重要な仕事になっています。

指導事項として頻度の高いものは、高血圧・高脂血症・糖尿病のメタボ疾患を持つ方に生活上のアドバイスをしたり、長期間睡眠薬や痛み止めを飲んでいる方に薬の減量や中止をすすめたりすることです。

具体的には、「間食は少し控えて」「アルコールを飲まない休肝日を作りましょう」「タバコの本数を減らしましょう」などと、医学的に適切ですが、常識としても広く知られているようなことが多く、相手も聞き飽きていると思われます。

広告の後にも続きます

診察時には、「はい、わかりました」と一応肯定的に返事してもらうことが多いですが、実際は、反応が薄い聞き流しや、「来客があって飲むことが多かったので」など言い訳も聞かれます。

患者さんにしてみれば、今まで何十年も続けてきた生活習慣を、急に変えろと言われても難しいことでしょう。とは言っても、こちらもかかりつけ医としての責任上、病気が改善しないのはともかく、悪化してしまうのを、ただ手をこまねいて見ているわけにもいきません。

私も、「どうすれば説得力があるかな」と考えてみて、専門の機関や専門のドクターから得た知識であることを枕詞に使うようにしてみました。

「厚労省の発表では、高齢者が睡眠薬を長期的に使うのは良くないようですよ。必要な時だけにしていくほうがおすすめです」

「痛みの専門医が先日勉強会で言っていましたが、痛み止めはずっと使うとだんだん効かなくなってきます」

私としては、専門ドクターからの、実験や臨床でのエビデンスのあるアドバイスなので、具体的で信ぴょう性が高く、おすすめ度も高くなっているつもりです。でも、患者さんの反応は今一つというところでしょうか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル