top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

サレ妻を襲った悲劇!夫の浮気相手から満面の笑みで告げられた“ご報告”とは

東京カレンダー

サレ妻を襲った悲劇!夫の浮気相手から満面の笑みで告げられた“ご報告”とは

「マイ・キューティー」

13歳上の夫は、美しい妻のことを、そう呼んでいた。

タワマン最上階の自宅、使い放題のブラックカードに際限のないプレゼント…。

溺愛され、何不自由ない生活を保障されたセレブ妻ライフ。

だが、夫の“裏切り”で人生は一変。

妻は、再起をかけて立ち上がるが…?

◆これまでのあらすじ

夫・英治との離婚を決意し、家を出たものの、仕事も見つからず失意のどん底の里香。そんな時、夫から電話が入り再会したのだが、そこに現れたのは…?

▶前回:セレブ主婦からの転落。裕福な暮らしが忘れられずに浮気夫の謝罪を受け入れた直後に…



「どういうこと?」

里香が鋭く睨みつけると、英治は分かりやすく視線をそらし、グラスになみなみと注がれたワインを一気に飲み干した。

「ゲホゲホ。いや、その…。ゲホゲホ」

白い目を向ける里香の隣で、夫の浮気相手である春奈が甲斐甲斐しく世話を焼き始める。

「英治さんったら、そんな一気に飲んじゃダメでしょう?」

彼の口元をちょんちょんとハンカチで拭いながら、水を飲ませてやる。その手つきが妙に慣れていて、なんだかいやらしい。英治も英治で、「悪い…」と、息も絶え絶えに春奈に身を委ねている。自分よりよほど妻らしく振る舞う春奈と、ママに甘える息子のような英治。

― って、私何を見せられてるの!?

傍観者のように様子を眺めていた里香は、ハッと我に返る。罵詈雑言を浴びせてやろうとした、その時。春奈が高らかに宣言した。

「里香さん、これで分かったでしょう?

私と英治さんは愛し合ってるんです。さっさと私たちの前から消えてください」

「春奈、何を言ってるんだ、それは…」

「うるさいっ!」

ごにょごにょと弁明し始めた英治を遮って、里香と春奈、2人の声が響く。

「す、すいません…」

英治が柄にもなく萎縮すると、春奈は自分のお腹にそっと手を当て、意味ありげに微笑んだ。

「私、実は…」


妻よりも先に…


「は、春奈…!?」

どうやら英治も知らされていなかったらしい。真っ青な顔で、カタカタと小さく震えている。

「こんな場所でのご報告でごめんなさい。さっきわかったの」

「そ、そうなのか…」

完全に固まってしまった英治の手を握りしめた春奈は、里香に向かって満面の笑みを向けた。

「あんたたち、いい加減にしなさいよ!」

勢いよく立ち上がった里香は、去り際、人目もはばからず大きな声で罵った。

「お望み通り離婚しますから、あとはふたりで仲良くやってちょうだい!二度と私の人生に関わらないで!」



「ああ、腹立たしい!」

自宅に帰ってきた里香は、乱暴にパンプスを脱ぎ捨て、そのままバッグを床に放り投げて布団に倒れ込んだ。

横たわって目をつぶってみるが、怒り、悔しさ、悲しさなど、あらゆる感情が込み上げてくる。体はクタクタなのに、感情が高ぶっているせいか、頭は妙にさえてしまって眠れない。

― はぁ…。

見上げると、薄汚れた天井がすぐ近くに迫ってくるように見えた。低い天井に狭い部屋。八方塞がりな感じが、自分の人生と重なる。

「私のこと馬鹿にして…。あんなクズ男、こっちから願い下げよ」

落ち込んでいたのもつかの間、怒りがふつふつと湧いてくる。

「ペラペラの言葉を並べて、嘘泣きして騙そうとしたって、そうはいかないんだから。それに春奈って女も、相当イッちゃってるし。慰謝料がっぽりもらって別れてやるんだから!」

“ブッブー、ブッブー”

タオルケットをすっぽり被ってゴロゴロしていた里香は、布団が振動しているのに気づいた。せんべい布団は、その薄さゆえスマホの振動がよく伝わるらしい。バッグから転げ落ちたスマホを拾い上げる。画面には、見知らぬ番号が表示されていた。

― ま、まさかあの女!?

怒り心頭の里香は、喧嘩腰で電話に出てしまった。

「もしもしっ!?さっきの続きでもしたいわけ!?」

そこまで発して、里香はハッと口をつぐんだ。

「ご紹介できそうな案件がございまして…」

それは派遣会社からの連絡だった。





2日後。

「念のため確認しますが、本当に来週から働けるんですか?」

里香は、六本木にあるweb制作会社の面接に訪れていた。人事担当と思しき女性が、訝しげに尋ねる。

「はい。来週と言わず、明日からでも働けます!」

里香は、とびきりのスマイルとともに元気よく答えた。

「そ、そうですか。ありがとうございます。それでしたら…」

― それでしたら、ということは!?

里香は思わずグイッと身を乗り出すが、隣に座る派遣会社のスタッフが「落ち着いて」と訴えているのを感じ取り、すぐに姿勢を戻す。

「改めてご連絡いたしますね」

その夜。

派遣会社から無事に内定の連絡があった。どうやら来週から働ける人を探していたらしく、里香がマッチしたらしい。業務内容は、事務補助。要するに、雑用のような何でも屋だが、今は仕事を選んでいる場合ではない。

里香は、すぐに働き始める準備を始めた。


かつての自分


初出勤日。

「うわっ…」

大江戸線六本木駅からエスカレーターを上り、地上に出ると、里香の視界はぐらりと歪んだ。

気温35度。まだ9時だというのに、外は肌が焼けつくような暑さだ。顔や首元から、汗が噴き出る。慌ててバッグからハンカチを取り出し、汗を拭っていた里香の隣に、1台のタクシーが止まった。

― ああ、タクシー乗りたい…。

つい先日まで乗り放題だったタクシーだが、今はそういうわけにいかない。先立つものがないので、節約を強いられているのだ。

羨ましくなった里香は、つい信号待ちをしているタクシーに視線を向けてしまう。すると、車内の女とバチッと目があった。化粧っ気はないが、美しい女。車内は相当エアコンが効いているのだろう。汗ひとつかかずに、涼しい顔でアイスコーヒーを飲んでいる。

「いいご身分ね。こっちはこれから仕事だっていうのに」

思わず愚痴が出てしまったが、里香はふと、自分も1ヶ月前はあの女と同じ側にいたのだと気づく。視界の端には、少し前まで住んでいたタワーマンションが見えた。

「落ちるってこういうことか…」

マンション最上階から地べたへ。文字通りの転落っぷりに胸がズキッと痛んだが、そんなことを考えている場合ではないと、歩き始めた。





「次のテレビ会議の準備、すぐにしてもらえますか?ミーティングルームCです」

「はいっ」

「デスクに置いてある書類、クライアントとの打ち合わせで使うので、13時までに8部印刷しておいてください」

「はいっ」

「すみません、コピー用紙の補充をお願いします」

「はいっ」

出勤初日にもかかわらず、里香は慌ただしくしていた。あらゆる方面から指示が飛んでくる。メモを取りながら、ひとつずつ対応していくが、マルチタスクが苦手な里香にとって、同時進行で仕事をこなしていくのはかなりしんどい。

だが、ようやくゲットした仕事。投げ出すわけにはいかないのだ。苦戦しながらも、どうにか午前中を終えることができた。



12時55分。ランチを終えた里香がデスクに戻ると、ある中年男性に声をかけられた。

「印刷をお願いしていた資料はどこにあるかな?この後、13時には出発するんだが」

「資料…?」

里香が首をかしげると、目の前の男の顔色が、サッと変わった。見る見るうちに赤みを帯び、怒りに満ちた表情に変わっていく。

「デスクに置いてある書類を13時までに8部印刷してくれと、頼んだはずだ!」

バンッとデスクを叩いた男は、いきなり怒鳴りつけた。

― やばい、忘れてた…。

里香の全身から、サーッと血の気がひいていく。すっかり忘れていたが、確かに資料の印刷を頼まれていた。

「申し訳ありません。すぐに印刷いたします」

里香が頭を下げると、男はさらに大きな声を上げた。

「30ページの資料を8部だぞ。3分で間に合うわけないだろ?13時半から会議なんだよ。もうタクシーも来てるんだよ。どうしてくれるんだよ?」

里香は、頭の中が真っ白になった。絶体絶命。どうして良いかわからず、狼狽えてしまう。涙が溢れそうになった、その時だった。

「先方の会議室、スクリーンありますよね。プロジェクターで映せば良いと思いますけど。僕、プロジェクター準備したので問題ないです」

「…え?」

声のする方向に振り返ると、グレーのパーカを羽織ったモサッとした男が、プロジェクター片手に立っていた。

「タクシー待たせるのも悪いんで、早く行きましょう」

モサッとした男は、ニコリともせず淡々と告げ、オフィスから出て行ってしまった。

「ありがとうございます!」

里香は、モサ男に感謝してもしきれなかった。


▶前回:セレブ主婦からの転落。裕福な暮らしが忘れられずに浮気夫の謝罪を受け入れた直後に…

▶1話目はこちら:「噂通り、頭が悪いんですね」突然家に来た夫の浮気相手に挑発された妻は…

▶︎Next:8月4日 木曜更新予定
初日から大失態をおかした里香。職場でも浮いてしまいうまくいかない日々。そして里香は、ある行動に出る。


TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル