top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

唐田えりかと剛力彩芽10キロ増量!“超絶ダサい”現場写真も

週刊実話WEB

Andrea Raffin / Shutterstock.com

2020年1月に俳優の東出昌大との不倫を報じられ、活動自粛を経て昨年秋に女優復帰を果たした唐田えりか。本格復帰作として話題になっているNetflixドラマの撮影に入ったことを写真週刊誌『FLASH』が報じた。

【関連】剛力彩芽と唐田えりかが女子プロレスラーを演じるに至った“どす黒い理由” ほか

ドラマの題名は『極悪女王』。1980年代の女子プロレス界を舞台に、人気悪役レスラーだったダンプ松本の半生を描く。

注目は、そのキャスティング。お笑い芸人のゆりやんレトリィバァがダンプ役で、剛力彩芽がライオネス飛鳥役、唐田は長与千種役を演じるという。

飛鳥と長与が結成した「クラッシュギャルズ」は、「ビューティ・ペア」以来の大ブームを巻き起こし、ダンプ率いる「極悪同盟」とバトルを繰り広げた。

「コロナの外出自粛中、ダイエットに成功したゆりやんでしたが、50キロの”増量指令”が出て、せっかくの苦労が台無し。剛力と唐田はもともと長身でスレンダーなため、大増量しないとレスラーには見えない。3人とも役作りに苦労しているようです」(スポーツ紙記者)

広告の後にも続きます

剛力、唐田ともに今年1月から体作りに励み、互いに10キロ近く増量したものの、2人とも目標体重には届かず、もはやトレーナーもお手上げ状態だという。

唐田の事務所社長が“暴走”

「唐田は不倫騒動、剛力はZOZOの創業者・前澤友作氏との破局後、初の大仕事なので気合は入っています。2人とも”出直し”的な作品になるので、失敗は許されない」(同・記者)

『FLASH』には、当時のファッションと髪型を再現した2人の”衝撃写真”が掲載されている。

「唐田はピンクのトレーナーから白いポロシャツの襟を見せ、剛力はボーダーのTシャツにケミカルウォッシュのジーンズ、ソバージュヘアという超絶ダサい格好。肘にはサポーターのような物も見えていますから、かなりハードなプロレスシーンに挑戦しているようですね」(同・記者)

現場では、唐田の”取り巻き”が煙たがられているそうだ。

「マネジャーと一緒に、唐田の所属事務所の社長が頻繁に現場に来るため、スタッフたちは必要以上に気を使わねばならず、ピリピリしているようだね」(芸能プロ関係者)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル