top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

木下優樹菜との“ドロ沼バトル”で田村淳に批判殺到!「恩着せがましさが露骨で不快」

週刊実話WEB

田村淳、 木下優樹菜 (C)週刊実話Web

7月25日に自身のYouTubeチャンネルで「ADHD」(注意欠陥・多動性障害)を公表した木下優樹菜と、ロンドンブーツ1号2号の田村淳の〝バトル〟がドロ沼化している。

ことの発端は、7月14日に田村が生配信で、「木下に仕事を断られた」と暴露したことだった。

「田村は、逮捕歴のある俳優・高知東生や、元アイドルグループ・EE JUMPの後藤祐樹らを出演させて『セカンドチャンス』というYouTubeの番組を企画。そこにタピオカ騒動で芸能界引退に追い込まれた木下も誘ったところ、一度は出演を承諾していたにもかかわらず、他のメンツを聞いて断ってきたと明かしたのです」(スポーツ紙記者)

【関連】ロンブー田村淳を「偽善者」呼ばわり!小林麻耶の元夫“宇宙文章”の真意を明かす ほか

翌15日には木下が反論。当初は「たき火をしながら対談する企画」だと聞かされていたため、オファーを受けようと思っていたが、その後に企画が「セカンドチャンス」を主題としたものに変更されたと主張した。

「木下は、自分は『刑務所に入るようなことはしていない』と憤り、〝セカンドチャンス〟という企画タイトルなら『コンセプトに合わない』との判断で断った。そうした経緯があるのに、一方的に生配信で悪者扱いされたと怒っていたわけです」(同・記者)

広告の後にも続きます

ところが、今度は田村が21日の生配信で再反論。交渉はスタッフが間に入っていたとした上で、「仕事を断ったから怒ってるんじゃない」と説明。木下が自身のブランディングを重視していることにも理解を示したが、〝断り方〟が失礼だと怒りを滲ませたのだ。

田村が言うには、高知や後藤の名前を聞いた木下サイドが、「その並びなら次は〇〇じゃね?」などと言ってきたそうだ。その〇〇は、ある女優の名前だったと明かし、こう続ける。

「これで僕は、すごく怒ったんです。この女優さんにも失礼だし、高知さんにも後藤佑樹くんにも失礼だなと思って。だから僕は『人を見てるんだな、嫌だな』って判断に至ったんです」

この一連のバトルでは、高知も「そういう意見は当然受け入れていかなきゃならないと思ってます」とツイート。一度は「自分を恥じる気持ちにもなった」とした上で、番組に呼んでくれた田村に感謝の気持ちを伝え、木下にはこんなメッセージを送っている。

「木下優樹菜さん、まだまだ俺らの努力不足で、不安にさせてしまってすいません。いつか『再起を応援する人達のおかげでここまできました』と胸を張って言える日が来ることを目指します。そして前科者でも人は本当に生き直せるんだと、信じて貰えるようになれたら嬉しいです」

『クイズタイマショック』

ネット上は意見が割れているが、今回は「交渉段階のやり取り」を最初に暴露した田村に対する批判の声が圧倒的に多い。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル