top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

壮絶な医学部受験…わが子をとにかく医学部に入れたい「親」が知るべき“狙い目”【塾講師が解説】

幻冬舎ゴールドオンライン

わが子をどうしても医学部に合格させたい場合、どうすればよいのでしょうか? 中高一貫校に通う生徒の難関大学現役合格をサポートしてきた塾講師・乾俊和氏は、「医学部」が目的ならば攻め方はいろいろあるといいます。医学部に合格するための戦略について見ていきましょう。

まずは「親が覚悟を決めること」がスタートライン

医学部受験は難関であると同時に難解でもあります。

国公立大医学部と私立医学部では試験対策が異なります。また国公立大と言っても、都市部と地方では難易度も大きく異なります。地方の国公立大に合格したものの、地元の私立医学部に進学する生徒も増えています。

また、他の学部と異なり、医学部に入るために3浪や4浪したり、一度大学を卒業し社会人になってから再受験する生徒もいます。ある意味で特殊な世界です。

都市伝説にも近い風説や謬見があちらこちらに転がっています。だからこそ医学部受験に当たっては、親が明確にしておくべき事柄があります。それが次の4つです。

広告の後にも続きます

●国公立大医学部だけなのか、場合によっては私立医学部もあるのか

●国立大医学部であれば、地方でもよいのか

●医学部に入るためには、何浪まで許容できるのか

●医学部を断念した場合のどんな選択肢があるのか

知っておくべき国公立大医学部と私立医学部の「違い」

■国立大がダメなら私立で…は危険な考え

まず気をつけたいのは、国公立大と私立では勉強の仕方がまったく異なります。教科ごとの偏差値と満点の差には【図表】のようにバリエーションがありますが、しっかりチェックしている人は実はそう多くはありません。

【図表】 教科ごとの偏差値と満点の差にはバリエーションがある

東大や京大は二次試験の受験科目に国語がありますが、阪大はありません。そして、東大の医学部は偏差値72.5ですが地方国公立大医では偏差値60前後のところもあります。私立医学部と比べても、地方の国公立大学の医学部の方が入りやすいのです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル