top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ディオールのドレスに魅せられた家政婦がパリに渡る 「ミセス・ハリス、パリへ行く」公開決定

映画スクエア

×

 「ファントム・スレッド」でアカデミー助演女優賞にノミネートされたレスリー・マンヴィル主演の映画「ミセス・ハリス、パリへ行く」が、11月18日より劇場公開されることが決まった。

 「ミセス・ハリス、パリへ行く」は、ポール・ギャリコの小説「ハリスおばさんパリへ行く」を原作とした作品。1950年代のロンドンを舞台に、ある日働き先で見た1枚の美しいクリスチャン ディオールのドレスに心を奪われる、戦争で夫を亡くした家政婦のハリスを描く。ディオールのドレスを買うことを決意してパリへと向かったハリスに起こる、新しい街、新しい出会い、そして新しい恋といった奇跡が描かれる。

 ハリスを演じるレスリー・マンヴィルのほか、ディオールで働くマネージャー役でイザベル・ユペールが出演。ランベール・ウィルソン、「ハリー・ポッター」シリーズなどのジェイソン・アイザック、「エミリー、パリへ行く」のリュカ・ブラヴォー、「シスター戦士」のアルバ・バチスタらが顔をそろえる。監督はアンソニー・ファビアンで、脚本とプロデューサーも務めている。ドレスの数々をデザインしたのは、「クルエラ」をはじめ3度のアカデミー賞に輝くジェニー・ビーヴァン。

 ティザーポスターは、ロンドンのハリスの姿と、パリで憧れのドレスを着ている夢の姿が湖面上に映し出される、ロマンティックなデザインとなっている。

【作品情報】
ミセス・ハリス、パリへ行く
2022年11月18日(金)、TOHO シネマズ  シャンテほか全国ロードショー
配給:パルコ ユニバーサル映画
© 2022 Universal Studios

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル