top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

コロナ禍で追いつめられた役者を描く 昨年公開の短編映画を長編化 「ある役者達の風景」公開決定

映画スクエア

×

 緊急事態宣言が解除された昨年5月末に、撮影期間わずか半日、制作費0円で制作された同名短編映画の長編版となる映画「ある役者達の風景」が、9月17日より劇場公開されることが決まった。

 短編映画「ある役者達の風景」は、コロナ禍で演劇の上演中止が相次ぐ中、人通りの少ない河川敷で稽古を続ける中西良太ら壮年の役者たちの姿をコミカルに描き、昨年6月にYouTubeで1週間限定配信された。「NHKニュース おはよう日本」では、「役者としての“動きを止めない” ベテラン俳優の心意気」として特集された。

 長編版「ある役者達の風景」は、短編をもとにして新たに脚本を書き下ろして作られた作品。コロナ禍における非常事態宣言で主宰の舞台が中止となる。そんな中、主人公の大谷(大谷亮介)と後輩劇団員の草野(草野とおる)は、撮影が止まってしまったなじみのベテラン俳優・中西(中西良太)を誘い、新しい舞台の開演を目指す。

 監督を務めるのは、「BOURBON TALK」を監督した「コーエンジ・ブラザーズ」の沖正人。「相棒」シリーズの三浦信輔刑事役で知られる大谷亮介、ナレーター・声優・バンドと幅広く活躍する草野とおる、大河ドラマや「浅見光彦」などの人気シリーズに出演している中西良太の3人が実名で登場。その他、多くの著名俳優が友情出演している。

 メインビジュアルでは、多摩川の河川敷で水面を見つめるように背を向ける、本作の主人公・大谷の姿が切り取られている。さらに、大きなシルエットの中には芝居の風景が重なり、まっすぐな一本道を歩いてきた“ある役者”の心の中が描き出されている。

広告の後にも続きます

【作品情報】
ある役者達の風景
2022年9月17日(土)全国公開
配給:リアリーライクフィルムズ株式会社
©2021映画「ある役者達の風景」製作委員会

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル