top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

相続税の減額を「合法的に実現」する、具体的なスキームを紹介【税理士が解説】

幻冬舎ゴールドオンライン

「相続専門」税理士は、都市農家であり、高額な相続税の課税が予想される父親の相続対策のため、あらゆる方法を探ります。合法的に相続税を圧縮するには、複数のスキームを活用することが重要になりますが、どんな方法があるのでしょうか。※本記事は『相続専門の税理士、父の相続を担当する』(あさ出版)より抜粋・再編集したものです。

相続税の負担を軽くする方法は、まだまだある

私と父が行った、

●遺言書の作成

●生前贈与

●賃貸物件の建築、購入

広告の後にも続きます

●問題地の解消

●小規模宅地等の特例

●小規模企業共済の加入

●不動産管理法人の設立

といった相続対策以外にも、相続税の負担を軽くする方法があります。順にご紹介します。

生命保険の加入…非課税枠を活用

被相続人の死亡によって取得した生命保険金(死亡保険金)は、相続税の課税対象になりますが、「非課税枠」が認められています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル