top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

スティーブ・ジョブズも語っていた…「アイデアを作る」発想術

幻冬舎ゴールドオンライン

ビジネスマンの多くが頭を悩ませている「アイデア出し」。しかし、まっさらな状態から新しい企画を作り出すのは至難の業です。そこで有効なのが、2つのモノの関係性に着目し、3つの考え方から発見を探る、という方法です。具体的に見ていきましょう。

新しいアイデアを創出する「3つの考え方」

「新しい事業アイデア」を生み出すといっても、全く何もないところから新しいアイデアを創出することは極めて困難です。

言い換えれば、商品やサービスに関する基本コンセプトが出尽くした現代社会において、すでにあるものを組み合わせる方法でしか、アイデアを生み出すことはできないといってもよいでしょう。アイデアに関する古典的名著として知られている、ジェームス・W・ヤング著『アイデアのつくり方』でも「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何物でもない」と断言されています。

また、アップル社を創業したスティーブ・ジョブズは、‘Connecting The Dots’という言葉を用いて、創造力とは、一見関連性のない過去に経験した様々な点(出来事)と点が後になって結び付いて、新たな「何か(アイデア)」が見出されることであると述べています。

それでは、「新しいアイデア」を生み出すには、どのような方法を用いればよいのでしょうか。

広告の後にも続きます

それは、2つ(複数)のモノの関係性に着目して、以下の3つの考え方から想起できます。

① 2つ(複数)のモノの組み合わせを考える

② 2つのモノの価格や情報の差(ギャップ)を利用する

③ 複数のモノの中から空いているモノ(アイドル)を有効活用する

つまり、既存の2つ(複数)のモノに対して、加減乗除などの変更を加えることにより、新たなアイデア(提供価値)を生み出す発想法といえます。

これら3つの発想法に対し、以下のようなタイトルをつけ、その内容について深掘りしていきたいと思います。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル