top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

眼球が変形している…意外と知らない「視力低下のメカニズム」

幻冬舎ゴールドオンライン

×

たとえば、「近く」用の人工レンズを埋め込んだ人は、遠くのものを見るときに近眼鏡が必要になりますし、「遠く」用のレンズを選んだ人は、近くのものを見る場合に老眼鏡が必要です。

この不便さを解消するため、先進医療として「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」が生み出されました。多焦点眼内レンズは文字通り複数の焦点を持っていますから、近くも遠くも見られます。

ただし、先進医療とはいっても人工レンズですので、水晶体と同レベルのピント調整力はありません。若干、視界のコントラストが落ちるようです。

とはいえ、老眼鏡や近眼鏡を使わなくても、ある程度なら遠くでも近くでも見えることから徐々に普及してきているようです。

鎌田 浩毅

広告の後にも続きます

京都大学

名誉教授

米田 誠

研伸館

専任講師

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル