top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

小沢仁志ばりに怖い先輩部員 リーゼント&サングラスの監督 まるで地獄 「野球部に花束を」予告

映画スクエア

 8月11日より劇場公開される、クロマツテツロウの同名コミックの映画化作「野球部に花束を」の、予告映像が公開された。

 予告映像には、高校で野球部に入部することを決めた黒田鉄平(醍醐虎汰朗)が原田監督(髙嶋政宏)と先輩部員に囲まれ過酷な練習に耐えながら、厳しい部活生活を送る姿が映し出される。そんな黒田たち野球部員のひたむきな姿を描いた作品と思わせるものの、途中から雰囲気が一変。黒田たちが入部した野球部は、小沢仁志ばりに怖い先輩部員たちと、高校教師とは思えないほど威圧的なリーゼント&サングラス姿の監督が牛耳っている“地獄”のような部活であることが描かれる。そして、一年生部員たちの悪夢のような生活や、「もうやだ」と発狂寸前の黒田の姿などが切り取られている。

 「野球部に花束を」は、高校球児たちの日常を描く、”思春期あるある”満載の青春コメディ。中学時代の野球部生活に別れを告げ、高校生活に期待をふくらませて入学式を迎えた主人公の黒田鉄平たち。野球部の優しい先輩たちに勧誘され、入部することを決めた彼らだったが、仮入部が終わり、いよいよ本入部となった瞬間、先輩たちの態度が豹変する。主人公の黒田鉄平を演じるのは、醍醐虎汰朗。チームメイトの桧垣主圭役を黒羽麻璃央が、コンプライアンス全無視の野球部の原田監督役を髙嶋政宏が務める。監督・脚本は、「荒川アンダーザブリッジ」「虹色デイズ」などの飯塚健。

【作品情報】
野球部に花束を
2022年8月11日(木・祝) 全国ロードショー
配給:日活
©2022「野球部に花束を」製作委員会

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル