top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

プロ注目の吉田優飛擁する静岡を下した掛川西に注目!静岡地区の甲子園での戦い&夏の展望とは!?【がっつり!甲子園2022】

ラブすぽ

×

プロ注目の吉田優飛擁する静岡を下した掛川西に注目!静岡地区の甲子園での戦い&夏の展望とは!?【がっつり!甲子園2022】

全国49地区 夏の大会データベース
【静岡】

《2022年 センバツ結果》日大三島 1回戦

●甲子園での戦い&夏の展望
優勝争いの中心は上位常連の静岡!対抗の筆頭には浜松開誠館と日大三島!

昨秋、そして今春の東海チャンピオンを出し、にわかに東海地区の勢力図を書き換えるほどの活躍を見せている静岡県。名門校が多数存在する同県の中で今夏、最注目なのが静岡。昨夏の代表校だった同校は、秋ベスト4、春は準優勝と、新チームになってからの成績も安定している。投打の要である吉田優飛に加え、春にエースナンバーを背負った法月彰弘も成長しており、代表の最右翼と言えそうだ。

これに続くのが、春の優勝校である浜松開誠館。東海大会では初出場初優勝を果たし、目下、勢いは一番。投打に活躍を見せる静内龍之介を中心に、初の甲子園を狙う。

この2校を脅かす存在となりそうなのが、日大三島と聖隷クリストファー。春はどちらも奮わなかったが、昨秋の県大会と東海大会の上位2校であり、優勝を狙える力は持っている。聖隷クリストファーについては、秋準優勝ながら選抜を逃す不運に見舞われ、春は地区大会初戦でコールド負けと見せ場がなかった。ノーシードから甲子園を目指すこととなるが、捲土重来に期待したい。

広告の後にも続きます

そのほかでは、プロ注目の長身サイド・安西叶翔を擁する常葉大菊川、伸びのある直球が魅力の原崎翔陽のいる駿河総合なども台風の目になる可能性がある。もちろん、春の上位校である掛川東や静清、常葉大橘あたりも力はある。白熱した上位争いが繰り広げられるのは間違いない。

全国49地区夏の甲子園DATABASE【東海編】

●強豪地区の威信をかけて巻き返しなるか!?
中京大中京、愛工大名電、常葉大菊川、県岐阜商など、強豪校が軒を連ねる同地区。各県ともにこれらの強豪校に拮抗する新興勢力が台頭しているのが特徴だが、全国制覇は2009年の中京大中京が最後。どの県も代表校は混戦模様だけに、ニューフィエスの誕生もありそう。

愛知一強時代は終焉し、地区内の実力は伯仲!

東海地区と言えば、全国2位となる夏の全国制覇8回を誇る愛知県が長らく牽引し、古豪と新興が甲子園を沸かせる強豪ブロックとして知られてきた。だが、夏の甲子園優勝は09年の中京大中京が最後となっており、直近5年のベスト8以上は、19年の中京(岐阜)の1回のみと苦戦が続いている。

また、春季東海大会は盟主の愛知県勢が共に初戦で敗退するなど、4県が実力伯仲の様相を呈している。同地区の中でいま一番勢いがあるのが静岡県。昨夏の代表校・静岡をはじめ、春季東海大会で初出場初優勝を飾った浜松開誠館や秋季東海大会で準優勝聖隷クリストファーなど、新興勢力の強さが目立つ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル