top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

娘を思う40歳女性 立てこもり事件起こす トーマシン・マッケンジー出演「ドライビング・バニー」公開決定

映画スクエア

×

 トーマシン・マッケンジー出演最新作「ドライビング・バニー」が、9月30日より劇場公開されることが決まった。

 「ドライビング・バニー」は、離れて暮らす幼い娘を思う40歳のバニーを描いた作品。ある事情から、妹夫婦の家に居候中のバニーは、娘とは監視付きの面会交流しかできない。そんなバニーの夢は、娘の誕生日までに新居へ引っ越し、家族水入らずの生活を再開させることだった。ある日、妹の新しい夫ビーバンが継娘のトーニャに言い寄る光景を目撃する。カッとなったバニーはビーバンに立ち向かうものの家をたたき出されてしまう。そしてバニーは、救い出したトーニャとともに、ルールもモラルも完全無視の“子ども奪還作戦”に突っ走り、家庭支援局で立てこもり事件を起こす。

 主人公バニーを演じ、経済的弱者が普通の家庭生活を送りたいと願う姿をユーモアと茶目っ気たっぷりに体現したのはエシー・デイヴィス。「ベイビーティース」や、夫のジャスティン・カーゼル監督作品「ニトラム」でオーストラリア・アカデミー賞の助演女優賞を受賞した女優だ。そして、「ラストナイト・イン・ソーホー」などのトーマシン・マッケンジーが、バニーの姪(めい)であるトーニャを演じている。

【作品情報】
ドライビング・バニー
2022年9月30日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国公開
配給:アルバトロス・フィルム
© 2020 Bunny Productions Ltd

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル