top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

プロポーズを期待していた30歳女。それなのに彼が、ポケットを漁って手渡してきた予想外のモノとは

東京カレンダー

プロポーズを期待していた30歳女。それなのに彼が、ポケットを漁って手渡してきた予想外のモノとは

「あの頃の自分が思い描いていたオトナに、ちゃんとなれてる?」

高校卒業から12年。

これは様々な想いを抱えて上京してきた、男女9人の物語だ。

恋に仕事に、結婚に。

夢と現実の狭間でもがく30歳の彼らが、導き出した人生の答えとは?



夏原千紘、29歳。上京12年目の別れ


― 記念日なのに残業になっちゃった。大事な話ってもしかして、プロポーズかな!?

渋谷にあるオフィスを出た私は、タクシーに飛び乗った。車中でメイクを整えながら時計に目をやると、時刻は20時半。約束の時間から30分以上過ぎている。

付き合って2年記念日の今夜。恋人の幸太郎から、ディナーに誘われていたのだ。

妄想を膨らませながらエスカレーターを駆け上がり、待ち合わせしていた『DAL-MATTO』に入る。店内を見渡すと、彼は一番奥の席でグラスを傾けていた。

「遅くなってごめん!急いで入稿しなきゃいけない原稿ができちゃって」

「…千紘、お疲れ。部署異動しても忙しいんだね」

そう言って、幸太郎は控えめに口角を上げた。

私と幸太郎は、今年30歳。

彼は目黒生まれで、生粋の東京育ち。現在は大手商社で働いている。

一方の私は「作家になりたい」という漠然とした夢を持って、大学入学とともに愛媛から上京したが、今は廃刊寸前の週刊誌の記者。毎日ゴシップネタを追いかけてばかりだ。

幸太郎との出会いは2年前。私が担当していた連載の、取材窓口となってくれたのが彼だった。

そして幸太郎を見た瞬間、胸が高鳴った。彼は私の初恋相手・大和にそっくりだったから。

「私、ここのフォカッチャ大好き。オリーブオイル、どれにする?」

「千紘が決めていいよ」

メインディッシュを平らげ、〆のパスタが運ばれてくるまでの間。幸太郎は急に真顔になって、ポケットから何かを取り出そうとした。

― くる。プロポーズだわ…!

心臓がバクバクと音を立て始める。しかし彼が取り出したのは、指輪なんかじゃなかったのだ。


幸太郎が握りしめていたのは、私のマンションの合鍵だった。

「千紘、別れてくれないか」

「えっ…?やだ、なんで急に。どうしたのよ」

「急じゃない。今だって会うのは2週間に1回くらいだし」

幸太郎は私の言葉をさえぎると、残りの白ワインを飲み干して言った。

「ここ数ヶ月、ずっと考えてたんだ。俺と千紘は一緒にいても、うまくいかないと思う」

「…どうして?」

「価値観の違いってやつなのかな。俺は結婚する人には、家庭を守ってほしいって思うんだ。ストレートに言うと、千紘は結婚向きじゃないっていうか…」

焦った私は、早口でまくしたてる。

「うん知ってる。だから先月、休みの取りやすい部署に異動したし」

「でも結局、毎日残業してるじゃん。それに千紘はいつも生き急いでる。一緒にいて落ち着かないんだ」

彼の「生き急いでいる」という言葉に、私の記憶は封印していた12年前へと遡っていった。



夏原千紘、18歳。初恋と東京への憧れ


2010年9月、高校最後の夏。

2学期が始まったばかりのこの日、私は恋人の大和と放課後の教室にいた。

「昨日のデコログ見てくれた?上京したら行きたいところリスト!」

窓の外を見つめていた大和に、携帯電話を差し出す。

渋谷109に竹下通り、そして六本木ヒルズ。ガラケーの小さな画面には東京の有名スポットが並び、文章は大量のデコメで装飾されている。

「…千紘は生き急ぎすぎだって。大学生になったらいつでも行けるんだし」

「え~。だって半年後には、東京で暮らしてるんだよ!私たち」

「まずやることあるでしょ。ほら、勉強勉強!」

そう言って私に数学のノートを差し出すと、彼は再び窓の外に目をやった。長いまつげと少し癖のある前髪が風で揺れていて、思わずドキッとするほどカッコよかった。



サッカー部のエースで人気者だった大和は、私の初恋の人。体育祭の日に私から告白して、1年間の片思いが実ったのだった。

「…ねえ大和。絶対に2人で、東京の大学に行こうね!」

彼は何をやるにも真剣だった。指定校推薦で早稲田への入学がほぼ内定していたが、休み時間も参考書を手放さなかったのだ。

一方の私は、都内有名女子大の推薦枠を狙っていて、勉強はそこそこしか頑張っていなかった。大学に行くことよりも「大和と東京に行く」という気持ちの方が強かったから。

「そろそろ塾行ってくる!大和は?」

「あぁ、俺は浩二と約束してるから。あいつが補習終わるのを待ってるよ」

「そっか。じゃあまた明日!あとで電話する~」

私は彼に手を振ると、教室を出た。…これが大和との、最後の会話になるとは知らずに。


数日後。久々に登校した私が目にしたのは、大和の机の上に飾られたユリの花だった。

「大和くんね、自転車に乗りながら千紘の電話に出て、海に落ちたらしいよ」

「えー。マジ?じゃあ千紘が電話しなかったら、死ななかったってこと?」

目を真っ赤にした私が教室に入ると、ひそひそ話をしていた女子たちがとっさに「おはよう」と作り笑いを浮かべてくる。無言で席に着いた私に、クラスメイトの亜美が駆け寄ってきた。

「…千紘のせいじゃないから」

しかし彼女の声をさえぎるかのように、大和の親友である浩二が大声で怒鳴り込んできた。

「お前のせいで大和は死んだんだ!」

浩二の言葉で、クラス全体に重い雰囲気が漂う。すると亜美がその空気を打ち破るかのように、バンっと机を強く叩いて立ち上がったのだ。

「はぁ…!?あんた千紘の気持ち考えなよ!」

浩二が何かを叫び、亜美が彼の頬を平手打ちする姿がスローモーションで見えた。

それからのことは、覚えていない。

大和が死んでから、私はどこに行っても責められているような気がした。

だから卒業すると同時に、高校時代の友人とは縁を切った。そして地元から逃げるようにして、上京を決めたのだった。





「千紘、どうしたの…?」

我に返ると、幸太郎が私の顔を心配そうに覗き込んでいた。

「あっ…。ごめん」

「もしかして、泣いてる?」

「え?」

目に手をやると、いつの間にか涙が溢れていた。

「ごめん、突然だったよな。俺も無神経すぎた。すぐ別れるんじゃなくて、一旦距離を置こう」

そう言って幸太郎がうつむく。その姿を見て、私は自己嫌悪に陥った。

私は今、幸太郎との別れが悲しくて泣いていたんじゃない。大和のことを思い出して泣いていたのだ。

「…わかった、別れよう。幸太郎、今までありがとうね」

「えっ!?」

驚いてグラスを落としそうになっている幸太郎を残して、私は店を飛び出した。



― あぁ。私、何してるんだろう。

トボトボと歩きながら、ショーウインドーに映った自分の姿を眺める。髪の毛はボサボサで、1ヶ月以上メンテナンスしていないまつエクは、ほとんど抜け落ちていた。

さらに幸太郎にプレゼントしてもらったプラダのパンプスには、無数の傷が刻まれている。

18歳の頃、心の底から憧れていた東京。しかしその場所を歩いているのは、どう見ても無様なアラサー女だった。

六本木ヒルズを出てタクシーに乗ろうとしたそのとき、電話が鳴る。

スマホの画面を見ると、会社の上司からだった。

「夏原さん。さっき入れてもらった原稿、ちょっとヒドすぎ。構成もグチャグチャだし。明日の朝までに直して再入稿して」

「明日、ですか…」

「はぁ」という短いため息とともに、一方的に電話を切られたが、またすぐに着信があった。上司だと思った私は、とっさに電話に出る。

「もしもし夏原です。すみません!原稿は明日中に…」

「…千紘?」

「えっ!?どなたですか?」

「よかった、電話番号変わってなくて。亜美だよ。…12年ぶり、だよね」

上司だと思って出た電話の相手は、高校時代の友人・亜美だったのだ。彼女とも、地元を出るタイミングでそのまま疎遠になっていた。

「久しぶり。どうしたの?」

「あのね。私、結婚することになったんだ。千紘には報告しておきたくて」

「えー!おめでとう!相手は?どんな人なの?」

私は涙をぬぐい、できるだけ明るい声で祝福する。…しかし亜美から発せられたのは、思いもよらない男の名前だった。

「私、浩二と結婚するの。それでね、千紘には結婚式に来てほしいなって思ってて」

大和の死を「私のせいだ」と責め立てた男の顔が浮かぶ。私は何も言えず、その場に立ちすくんだ。


▶他にも:夫がソファの下で見つけた、動かぬ証拠。妻に浮気を問い詰めると、予想もしなかった“暴露”を始め…

▶Next:8月2日 火曜更新予定
高校時代の親友からの思わぬ報告。そんな亜美も、東京で苦しい思いをしていて…?


TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル