top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ヤクルトなど3球団注目の内藤鵬擁する日本航空石川に注目!石川地区の甲子園での戦い&夏の展望とは!?【がっつり!甲子園2022】

ラブすぽ

×

ヤクルトなど3球団注目の内藤鵬擁する日本航空石川に注目!石川地区の甲子園での戦い&夏の展望とは!?【がっつり!甲子園2022】

全国49地区 夏の大会データベース
【福井】

《2022年 センバツ結果》敦賀気比 1回戦、丹生 1回戦

●甲子園での戦い&夏の展望
絶対王者・敦賀気比が頭一つ抜け出すも、二刀流選手擁する福井工大福井が猛追

20年の独自大会を含め、5年連続で甲子園に出場という具合に敦賀気比の独走が続く福井。その敦賀気比は昨夏の甲子園で久々にベスト8入りを果たすなど、王者に恥じない成績を残している。

この夏も主役を担うのはもちろん敦賀気比。主将で4番、そしてエースの上加世田頼希が文字通り大黒柱の活躍を収めているが、投手としては144キロの速球を軸にした粘りの投球が持ち味で、勝負強い打撃も魅力。バッテリーを組む渡辺優斗をはじめ、バックには野球IQの高い選手が揃った。

最大のライバルとなりそうなのが福井工大福井。打ってはチーム一の長打を誇り、投げては最速147キロの直球を武器にする二刀流プレーヤー・向嶋大輔が投打の軸で、他にも打線ではクリーンナップを務めた高山貴誉が春の県大会で打率7割超を記録するなど勢いに乗ると止められない。4試合で1失策だった堅守も大きな武器となる。

広告の後にも続きます

そして春の県大会を制した啓新も侮れない。制球力が自慢の松宮碧久、黒田彰太の左右の二本柱が軸の投手陣は粘り強く、打線は小技も長打もありの万能型リードオフの藤村洸大朗、高橋樹生のコンビを軸にチーム打率3割1分7厘をマーク。下位打線からも点が取れてまさに切れ目がない。ここに主砲・田中太朗が復調すれば悲願の夏が見えてくる。

全国49地区夏の甲子園DATABASE【北信越編】

●スター候補続出で目が離せない!
毎年、甲子園大会では地味な扱いだった北信越。しかし、近年は選手たちのレベルアップが顕著で甲子園でブレイクしたのちにプロで活躍している選手も多数。未来のスター候補生たちを一足先に見つけよう!

各地に好選手多数!秋のドラフトも楽しみ

奥川恭伸(星稜↓ヤクルト)や吉田正尚(敦賀気比↓青山学院↓オリックス)など、近年のプロ野球を見ると、北信越出身の選手の活躍が顕著。地区全体のレベルが上がったことで全国大会での活躍も目立つようになり、その成果が如実に出始めている。未来のスター候補を見つける意味でも各地の地区大会から目が離せない。

中でも今年、最もアツいのは新潟。早くもドラフト上位指名の期待がかかる田中晴也を擁する日本文理、重い直球が評判のエース・茨木秀俊が引っ張る帝京長岡など各校に好投手が在籍し、県代表に選出された際には甲子園の舞台でも輝くことだろう。 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル