top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

それが最適解なのか!?チェスロボットが少年の指を折ってしまう(物理的な意味で)

カラパイア


 チェス、囲碁、将棋など、もはやAIは頭脳スポーツにおいて人間を凌駕する存在となっており、誰もがAIロボットと対戦する機会も与えられている。

 そんな中、モスクワで開催されたチェスの大会で、ロボットが対戦相手の7歳少年の指の骨を物理的に折るという事故が発生した。

 少年が駒を動かそうとした瞬間、指をつかみそのままはなさないロボット。AIが導き出した最適解が「少年の指を折る」だったっとしたら怖すぎる。



チェス大会で対戦相手の少年の指を折ったAIロボット

 7月19日、モスクワでチェスの大会「Moscow Open 2022」があり、そのAIロボットはアームを中央から動かして3人と同時に対戦していた。

 9歳以下のチェスプレイヤーのトップ30にランクインするほどの腕前を持つ7歳の少年は、自分の番となり、駒を取り、それを動かそうとした。

 するとロボットは、少年の人差し指をつかんで強く握りしめた。

 まわりにいたスタッフらはすぐに駆け付け、なんとか少年の指を引き抜いたものの、骨折は免れなかった。ロボットから解放された少年はその場から運び出された。

これが最適解と読んだのか?ロボットの暴走か?

 AIロボットの導き出した最適解(最善手)は、少年の指を折ること、だったとでもいうのだろうか?だとすれば恐ろしい。

 ロシアチェス連盟のセルゲイ・ラザレフ会長は、事件後、ロシアのタス通信にこう語った。
ロボットが大会中に子供の指を折りました。もちろんこれは悪いことですが、このロボットはこれまで何度も大会に参加していましたが、何の問題も起こしたことはありません
 同連盟のセルゲイ・スマギン副会長は、「ロボットは少年の駒を一つ取った後、飛びかかったように見えた」とBAZAに語った。

少年はロボットが指し終わるのを待たずに動いたことが原因か?

 大会の安全規則として、チェスプレーヤーは、ロボットが指し終わるまで待たなくてはならないのだが、この少年は、ロボットが動いている間に自分の手を指そうと動いてしまったため、ロボットの暴走につながったとも語っている。

 更に「この子は安全規則に違反したようです。彼は自分の手を動かすときに、ロボットが指し終わるのを待つ必要があることに気づかなかった。これは極めて稀なケースで、私が記憶している限りでは初めてのことです」と付け加えた。

 ロボットはルールに違反した少年が許せなかった、とでもいうのだろうか?

 その後指を骨折した少年には、治療が施され、指にギプスをはめた状態で最後まで大会に出場することができたという。

 このロボットはチェスをプレイするためのプログラミングが施された、アームだけのシンプルなものである。それでも子供の指をへし折るくらいのことは可能だという事実も、いろいろ考えさせられるものがある。

 人間がきちんと制御できれば良いが、頑丈で屈強なAIロボットが制御不能となったら、どうなってしまうのだろう?

 ちなみに少年の指を折ったこのロボットが、どうなったのかは不明である。

References:Chess robot grabs and breaks finger of seven-year-old opponent | Chess | The Guardian / written by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル