top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東京-シアトルを4時間半で結ぶ、世界最速の超音速旅客機の最新映像が公開

カラパイア


  アメリカの超音速旅客機メーカー、Boom Supersonic(ブーム・スーパーソニック)社によって「世界最速の旅客機」を謳う機体の映像が公開された。

 「Overture(オーバチャー)」は、コンコルド以降絶えてしまった超音速旅客機で、現在9時間かかる東京-シアトル間を4時間半で結ぶことができる。

 ブーム社のブレイク・ショールCEOは、「ここ数十年大きな変化がない航空業界だが、オーバチャーの革新的な設計は、距離の概念を根本から変えることだろう」と、プレスリリースで語る。

 つまりは、実際に生産が開始されれば、低迷する航空業界には待望のアップデートと興奮がもたらされるということだ。

超音速飛行の為のデザイン

 旅客機でありながら、どこか戦闘機を思わせるデザインは、効率的かつ安全に超音速飛行するための工夫だ。

 胴体はリアよりもフロントが太くなっており、空気抵抗を低減し、燃費を最適化する。

 後方へ向かって開くガルウイングも戦闘機感を演出する。だが、これは安定性と安全性を高めるためのものだ。

 エンジンは4基搭載される予定で、海上巡航速度マッハ1.7、陸上巡航速度マッハ1になるという。

Meet Overture’s refined design

軍用機も開発予定

 ブーム・スーパーソニック社は、米国の軍需企業ノースロップ・グラマン社と提携し、軍用・緊急対応用バージョンを開発することも発表している。

 ショール氏によると、この提携によって「米国とその同盟国に、必要なことを、必要な時と必要な場所に、前例のない迅速さで届けられるようになる」と語る。

 その性能を活かせば、監視・偵察・指揮統制、あるいは物流といったミッションを迅速に遂行できるようになる。

Boom Supersonic

数年以内でデビューの可能性●

 オーバチャーの正式なデビュー時期は不明だ。「XB-1」という3分の1スケール試作機による飛行試験も予定されていたが、これは延期されてしまたが、年内に実施と発表されている。

 すでに飛行試験前の準備は8割が完了しており、2021年のユナイテッド航空をはじめ複数の契約も結ばれている。

 なお、オーバチャーは「世界最速の旅客機」かもしれないが「史上最速の旅客機」ではないようだ。

 超音速旅客機の象徴とも言える「コンコルド(2003年11月26日に退役)」は、1996年にニューヨーク-ロンドン間を2時間52分で飛行したが、最新のオーバチャーでは3時間半かかる。

 おそらくは、燃費の悪さや定員の少なさから収益性が悪化し、廃業に追い込まれたコンコルドの失敗を踏まえ、効率性を追求した結果なのだと思われる。

 だがコンコルドの引退以来、商業ベースで超音速飛行する国際線が皆無であることを考えれば、音速をはるかに上回る新たな飛行機の登場は歓迎したところだ。

References:World’s “Fastest Airliner” Could Cross Atlantic In Just 3.5 Hours / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル