top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【ライブレポート】相川七瀬がヒット曲満載のステージを展開。次男リオもドラムスで参戦!<LuckyFM Green Festival>

WWSチャンネル

相川七瀬<LuckyFM Green Festival>(※提供写真)

7月23・24日、茨城県・国営ひたち海浜公園にて、地元ラジオ局ラッキーエフエム(茨城放送)が新たに立ち上げた「LuckyFM Green Festival(通称 LuckyFes)」が開催されている。本記事では初日7月23日に登場した相川七瀬のライブレポートをお届けする。

GREEN STAGEに全開の笑顔で登場した相川七瀬が、1曲目に披露したのは『LIKE A HARD RAIN』。曲間には会場中を遠くまで見回し、一人ひとりに挨拶するように手を振った。「後ろの方までビッチリですね。ありがとうございます」との挨拶に続いて「みなさんの身体も心配ですけど自分も心配です(笑)」と炎天下のステージに集まったファンを冗談まじりで気遣った。

【写真】茨城・LuckyFesでヒット曲満載のステージを展開した相川七瀬

「私はとっても茨城に縁が深くって、嫁に行ったのも茨城なんで」と会場を笑わせつつメンバー紹介へ。今回のバンドメンバーには相川の息子がドラムで参加しており、この日が初めてのフルステージデビューとのこと。「暖かく見守ってくれれば幸いです」と相川は息子を気遣う姿も見せた。

広告の後にも続きます

「今日は全部、みなさんの知ってるシングル曲でいいやと思って」と、この日のセットリストは大ヒットしたシングル曲で構成されており「この曲はたぶんみなさんが一番知っていると思います」と『恋心』を歌い上げた。

「ここからは3曲連続でノリノリでいきたいと思います!」と続いたのは『Sweet Emotion』。サビでは会場中がタオルを回す光景が広がり、ステージ上の相川は宙へ投げたタオルを見事にキャッチする様子も披露した。さらに軽快なステップを見せながらの『BREAK OUT!』では、息子のドラムソロも見せ場となり会場の熱気はピークに。ラスト1曲は相川のデビュー曲『夢見る少女じゃいられない』。炎天下の熱気を吹き飛ばすような軽快なロックチューンで締めくくった。

今年でデビュー27年を迎え、近年ではこうしたフェスにも積極的に出演している相川七瀬LuckyFesのステージでも勢いのあるパフォーマンスを楽しませてくれた。


(取材・文:バッキー大坂)


7月23日 LuckyFM Green Festival / 相川七瀬 セットリスト

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル