top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【俺の楽器・私の愛機】1018「1965年からのタイムスリッパー」

BARKS


【Gibson ES-120T 1965年製】(青森市 世も末 29歳)


No.427No.536でご紹介頂きました。度々ありがとうございます。本当はRS Guitarworks TeeVeeのことを書こうと思っていたのですが、縁あって我が家にやってきたおじいさんを紹介させてください。

Gibson ES-120T、1965年製です。私の生まれる28年前には既に世に生まれていたギターと考えると胸があっつくなります。このギター、なぜか投げ売りかのような値段で中古屋に投げ出されていまして、「資産運用的な意味で今買っておいてもいいかもな…」と思って購入しました。購入したときからフラットワウンド弦が張ってありまして、どうやらこれはトーンを0にしてポワッポワにしたほうが良さそうだぞ、と思ったらこれが大正解でした。経年劣化で割れがちなピックガードもやたらキレイに残ってくれていて、手放すための買い物という考えはまったくどこかへすっ飛んでいきました。

シングルコイルばかり弾いてきてどうにもハムのギターと相性が合わず、ウォーレンヘインズモデルの335を買ってすぐ手放したりなどしてきましたが、この1本に出会ってからはもうハコモノ探求はいらないなあ、と思っています。

ただ、ハコモノ探求は終わったもののソリッド探求は未だ解決の道筋ひとつ立っていないので度々こちらにお世話になると思います。コロナ禍でマトモな活動ができなくなり、フラストレーションが散財でしか発散できなくなったのかKanade Sound DesignのKTMやAtelier ZのM265+、ProvidenceのSTモデルなどが矢継ぎ早に我が家にやってきました。徐々にご紹介できれば幸いです。よろしくお願い致します。


   ◆   ◆   ◆

これは渋い。2枚めの写真なんか、一番エロい角度でシャッターを切っているあたり、かなりの重症患者と思われます。それにしてもクラッキングもド迫力でもの凄いいい音がしそうです。バランバラン鳴りそう。ブルースプレイもいいし、ジャジーなフレーズもいいし、ボトルネックも似合いそう。ハイが抜けきれないような音でラグタイムとか、しっぽりと極上の時間が流れそう。こういうギターとの出会いも欲しいなあ。(JMN統括編集長 烏丸)

★皆さんの楽器を紹介させてください

「俺の楽器・私の愛機」コーナーでは、皆さんご自慢の楽器を募集しています。BARKS楽器人編集部までガンガンお寄せください。編集部のコメントとともにご紹介させていただきますので、以下の要素をお待ちしております。

(1)投稿タイトル
 (例)必死にバイトしてやっと買った憧れのジャガー
 (例)絵を書いたら世界一かわいくなったカリンバ
(2)楽器名(ブランド・モデル名)
 (例)トラヴィス・ビーン TB-1000
 (例)自作タンバリン 手作り3号
(3)お名前 所在 年齢
 (例)練習嫌いさん 静岡県 21歳
 (例)山田太郎さん 北区赤羽市 X歳
(4)説明・自慢トーク
 ※文章量問いません。エピソード/こだわり/自慢ポイントなど、何でも構いません。パッションあふれる投稿をお待ちしております。
(5)写真
 ※最大5枚まで

●応募フォーム:https://forms.gle/XX72yo6Ph3BwqQHE9

「楽器人の投稿がmusic UP’sに掲載されます」

全国約1,000カ所の音楽関連スポットで、毎月20日に配布中されるフリーマガジン「music UP’s」にて、楽器人の特集を掲載、【俺の楽器・私の愛機】で紹介された投稿の中からあなたの愛機をご紹介させていただきます。

※毎月の掲載数は2~4件ほどの予定です。選出はBARKS編集部で行ないます。
※掲載の選出対象は【俺の楽器・私の愛機】コーナーにて2022年5月30日以降に掲載された投稿が対象となります。

引き続き【俺の楽器・私の愛機】をお楽しみください。今後ともBARKS楽器人をよろしくお願いいたします。

◆【俺の楽器・私の愛機】まとめページ

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル