top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ミツバチには高度な知性があり感性があることが30年間の研究で明らかに

カラパイア


 ミツバチが地球の生態系にとって欠かせない存在である。ミツバチは、様々な植物の受粉を媒介しているため、もしいなくなったら、地球上の全生物に影響を及ぼしてしまうほどだ。

 地球で重要な役割を果たしているミツバチたちには、これまで考えられている以上に高い知性があることが明らかになりつつある。

 それだけではない。ミツバチ研究の第一人者であるロンドン大学クイーン・メアリー校のラース・チッタ教授による30年の研究成果によると、ミツバチにはある程度の意識があることを示唆する証拠が集まっているという。

 感性を持ち、感情があると思われる行動を示すのだそうだ。

ミツバチは人の顔を識別できる

 チッタ教授によれば、ミツバチには感情があり、物事を計画し、想像力を働かせ、さらに自己と他者の区別までする高い知能が備わっているという。

 そうした能力を利用すれば、人間の顔さえ識別できるようになるという。

 犬などの躾では、いいことをしたらご褒美をあげると、その後もその行動を繰り返すようになるが、ミツバチも同じようにして訓練することができる。

 とある実験では、モノクロの人の顔写真をミツバチに見せ、特定の写真に乗れば甘い砂糖をもらえると教えてみた。

 その後、複数の顔写真をミツバチに見せると、ご褒美をもらえる写真を見分けて近寄るようになったのだ。

 ほんの10~20回ほどの訓練で、ミツバチは上手に人の顔を区別できるようになるという。

ミツバチは数を数えられる

 またあの小さな頭は、数を数えることもできるようだ。

 餌場に飛んでいくとき、まったく同じ3つの目印を通過するよう、ミツバチを訓練する。それから目印と目印の間隔を狭めたり、広めたりしてみる。

 すると目印の間隔を短くした場合は、先ほどよりも早く着地するようになるのだ。逆に、目印の間隔を長くすると、それまでより遠くへ飛ぶようになる。

 目印はどれもまったく同じ形をしている。だからミツバチがその違いを区別してエサのありかの目星をつけたわけではない。

 おそらくは目印の数を数えて、「もう十分飛んだから、この辺りにエサがあるはず」といった感じで判断をしていると考えられるのだ。

 だから目印の間隔が短くなれば、それほど長く飛んでいないのに着地する(間隔が長ければその逆になる)。



ミツバチは仲間の行為を見て学習する。だから誰かが技を編み出せば、巣の仲間みんなにすぐ広まる / image credit:PIXABOY

ミツバチには想像力や学習力、そして意識がある

 さらにチッタ教授によれば、ミツバチは物体の形状や感触がどのようなものか想像することもできるという。

 例えば、真っ暗な中でボールに触れさせたとする。すると明るい場所では、目で見ただけで、先ほど触れたボールだと認識するのだ(その逆も)。さらにミツバチは「同一」「非同一」という抽象概念をも理解できる。

 どれも同じように見えるミツバチだが、よく観察してみると、ほかの仲間より好奇心旺盛で堂々とした個体もいる。何かにきわめて秀でた天才バチもいるという。

 さらにミツバチは仲間の行動を観察して学習するのが得意だ。だから巣の中の一匹が何か新しい技を考案すると、ほかの仲間にすぐに広まる。

 しかもただ真似するだけではない。改善するのだ。

 ミツバチの1匹にあえてヘタクソな技を教えた実験では、それを見た巣の仲間は自主的に技を改善し、より効率的な方法を編み出したそうだ。しかも特に試行錯誤したわけではなく、頭の中でそれを行うのだ。

 チッタ教授によると、このことはミツバチに「意図」つまり自分の行動で欲しい結果を出そうという「意識」があるばかりか、その頭脳に「ある種の思考」があるだろうことを示唆しているという。

 「ただ試しているのではなく、『欲しい結果を出すためにどうすればいいか?』という内的モデリングがある」と、チッタ教授は説明する。

photo by Pixabay

ミツバチには感情があり、PTSDになることもある

 こうした一連の実験を経て、チッタ教授はミツバチには感情すらあるのではないかと考えるようになった。

 それを確かめるために、ミツバチが花に降りたとき、クモに襲われたように見せかけるという実験を行ってみた。

 すると「ミツバチの態度が一変した」そうだ。花にとまることをためらい、事前に花を入念に観察するようになったのだ。

 ミツバチは、こうした不安を示す行動を数日間示し、「まるで幽霊でも見ているかのような行動」を取ることすらあったという。クモがいないことがはっきりしているのに、花に寄り付かないのだ。

 それは人間で言えば、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に似ているという。

 「以前より神経質になったようで、外敵がいない安全な花でも拒否するという、奇妙な心理的影響が見られた。花を調べてから飛び去ってしまうのだ」と、チッタ教授は解説する。

 これはミツバチに負の感情があることを示しているそうだ。

 神経質になるのとは逆に、楽観的になることもあるという。危険か安全かはっきりしない花を調べさせる前に、ご褒美をあげてやるのだ。すると上機嫌になり、よくわからない花でもためらわずにとまるようになる。

photo by iStock

ミツバチには感性がある

 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで動物の感覚に関する研究を行うジョナサン・バーチ博士は、「ミツバチに感性がない可能性より、ある可能性の方が高いだろう」と語る。

 今後も研究が必要とはいえ、かつての学者が昆虫に感性はあるかと疑問にも思わなかったことを考えると、時代はかなり変わったようだ。

 バーチ博士によれば、ミツバチの認知レベルからは、この動物に感情がまったくないとは考えにくいという。

 感性とは感情を感じる能力のことだ。そしてミツバチに感情状態があるという証拠が提示されている。

 チッタ教授自身は、ミツバチが感性のある生き物であることを「かなり確信」しているという。

「我々は、ミツバチがその進化の過程で直面したことのない難題を与えている。それでも彼らはそれを解決してのける」とのことだ。

References:‘Bees are really highly intelligent’: the insect IQ tests causing a buzz among scientists | Bees | The Guardian / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル