top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

米軍上陸前、沖縄の海を見つめる萩原聖人と吉岡里帆 「島守の塔」本編映像

映画スクエア

 7月22日より劇場公開される、太平洋戦争末期の沖縄戦を舞台に命や平和の尊さを描く映画「島守の塔」から、沖縄県民を含め約20万人が犠牲となった沖縄戦において、1人でも多くの県民の命を助けようとした萩原聖人演じる島田叡県知事と、県民に禁止されていた芝居や酒、たばこを許したことに対して不満をあらわにする吉岡里帆演じる比嘉凜のやり取りを収めたシーンの、本編映像が公開された。

 軍国教育を受け、日本が勝つと信じて疑わない凛に対し、島田は県民へ課した飛行場建設や陣地構築、食料増産に感謝しつつ、それに報いるものが「敵の上陸戦やったり、集団玉砕かもしれん」「こんな時や、人間ちょっとくらい楽しみがあったってええんとちゃうか」と答える。その言葉を聞いて笑顔になった凜は、沖縄に伝わる踊りであるカチャーシーの意味について「喜びも悲しみもかき混ぜてみんなで分かち合う」と島田に伝える。すると、今度は島田が元気づけられたようにほほ笑む。そして2人は、米軍の攻撃と上陸が始まる前の沖縄の海を見つめるのだった。

 「島守の塔」は、上陸戦の絶望に追い込まれた太平洋戦争末期の沖縄戦の中でもなお、「生きろ!」と後世に一筋の希望を託した2人の官僚と沖縄の人々の物語を映画化した作品。戦中最後の沖縄県知事として赴任し、軍の命令に従いながらも県民の命を守ろうとした島田叡(あきら)役の萩原聖人と、職務を超えて県民の命を守ろうと努力した警察部長の荒井退造役の村上淳がダブル主演。島田の世話役の県職員・比嘉凛役を吉岡里帆、凛の妹で看護学徒隊の比嘉由紀役を池間夏海を演じ、映画「ひめゆりの塔」に出演していた香川京子が現代の凜役を務める。監督は「地雷を踏んだらサヨウナラ」などの五十嵐匠が務めている。

【作品情報】
島守の塔
2022年7月22日よりシネスイッチ銀座、8月5日より沖縄、兵庫、栃木にて上映開始。その後、順次全国公開
配給:毎日新聞社 ポニーキャニオンエンタープライズ
©2022 映画「島守の塔」製作委員会

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル