top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“夏の旬ネタ”に鮨ツウが盛り上がる!カウンターで気軽に楽しめる人気店

東京カレンダー

“夏の旬ネタ”に鮨ツウが盛り上がる!カウンターで気軽に楽しめる人気店

夏は、鮨ネタが美味しくなる季節!

アジ、スズキ、シンコ、ウニなど、もっとも美味しいシーズンを迎える魚介が多数あり、鮨好きにはたまらない!

今回は、表参道エリアで人気の鮨店で、“夏”にこそ食べてほしい極上の握りを聞いた!



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。



いま、SNSで話題の鮨店がこちら。

王道の江戸前鮨を楽しめると連日人気の新宿『鮨 青海』。その姉妹店がここ『鮨 青海 青山店』だ。

気軽な価格ながら、毎日市場へ足を運んで仕入れるネタの確かさと、江戸前の技術を堪能できると評判である。

創意溢れる品や見映えする品もコースの間に挟むという、飽きさせない工夫も見事。感度の高い表参道エリアの大人たちの心を掴んでいる。

名実ともにつとに知られた同店で腕を振るうのが、大将の神田さん。ネタへのこだわりはもちろん、シャリにも並々ならぬこだわりを持つ。

「くちどけを大事にしている」という言葉通り、口に入れるとほろほろと柔らかく崩れ、シャリだけでも旨い。

江戸前の真髄を体現した大将の握りを、ぜひ堪能いただきたい!


大将が厳選した夏イチオシの握りはこれだ!


それでは、大将に聞いた夏におすすめの握りをご紹介しよう。



まぐろは全て「やま幸」から仕入れる。爽やかな味わいの「赤身」



静岡県の焼津産の「アジ」。

「旬なので美味しい」と、大将も太鼓判を押す一貫



鳥取県境港の「中トロ」。

冬に比べると脂は少なめだが、さっぱりしすぎず美味しい



宮城県産の「カレイ」。夏を感じる旬ネタ


『鮨 青海』へ行くなら、絶対に外せないメニューが!それは…

『鮨 青海』といえば、やっぱり“うに”!


新宿店、青山店の他、品川店、銀座店など、ツウが集う東京のエリアに続々と進出する『鮨 青海』。

そんな同店を語る上で欠かせないのが、うにだ。



名物となっているが「9種のうにの食べ比べ」。上段から塩水ウニ、バフンウニ、ムラサキウニがそれぞれ産地違いで3種ずつ。

ウニ好きといえども、一度に9種を食べ比べるのは未体験の至福に違いない!

映えるグルメとしてもインスタを賑わせ、このメニューを目当てに訪れる大人が後を絶たないのだ。



また、メニューになくとも、うにを使った逸品を、ゲストのリクエストでオーダーできるのも同店の魅力。

うにドッグにしたり、うにのリゾットにしたり…と、うに好きのゲストのわがままを聞いてくれる大将の懐の深さに、大人はハマっていくのである。

まさに今旬を迎える食材であるだけに、うに好きにはたまらない一軒であることはまず間違いない!


カウンター鮨デビューにうってつけ!


おまかせ1万5千円~と気軽な価格で楽しめるゆえ、若い世代のゲストも多い『鮨 青海 青山店』。

デート、接待、そしてカウンター鮨デビューを飾る大人も少なくないとか。

予約は比較的取りやすく、前日や当日の電話で予約が取れることもあるそう!

鮨好きにはたまらない穴場な一軒、ぜひ今夏訪れてみてはいかがだろうか?


TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル