top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

冬眠中のクマの血清に人間の筋肉細胞を増やす効果があることが判明

カラパイア


 あの手この手、熊の手を使って筋肉を増やしたいのなら、本物のクマが力になってくれるかもしれない。

 広島大学の研究グループによって、冬眠中のツキノワグマの血清に、ヒトの筋肉を増加させる効果があることが明らかになった。

 これは長期間眠り続けねばならないツキノワグマが、筋力を維持するためのメカニズムだと考えられる。

冬眠中動かなくても筋肉が落ちないクマの不思議

 我々人間の場合、筋肉を使用しなければ徐々に衰えいく。一定期間寝たきりの入院したことのある人なら実感済みだろう。

 広島大学のプレスリリースによれば、寝たきりの状態が続けば筋力は1日に0.5~1%ほど低下し、体の機能が低下してしまうそうだ。

 筋肉を使わない生活や、加齢などが原因で筋肉量が減少したり筋力が低下していくことを、サルコペニアという。

 筋肉が体を動かすだけでなく、エネルギー代謝や熱生産など、生きるうえで大切な機能に関係していることを考えれば、由々しき事態だ。

 ところがツキノワグマをはじめ、冬眠する動物はそうではない。

 冬の間、何ヶ月も飲まず食わずで眠り続けるというのに、筋肉が大きく落ちることはない。冬眠中に骨格筋が萎縮することを防ぐ不思議な耐性があるのである。

photo by iStock

筋肉が落ちない秘密は血清にあった

 広島大学大学院の宮崎充功准教授らは、そのメカニズムの一端を学術誌『PLOS ONE』(2022年1月25日付)に掲載された研究で解説している。

 冬眠中のツキノワグマから採取した「血清(血液が凝固した時、上澄みにできる淡黄色の液体成分)」を「ヒト骨格筋細胞」に与えてみたところ、骨格筋細胞のタンパク質量が増加した。

 さらに冬眠期ツキノワグマ血清が、タンパク質合成系や分解系の制御に関係していることも明らかになっている。

 こうしたことは、ツキノワグマの血清に含まれる「何らかの因子」が、長期間眠らねばならないクマの筋肉の維持に関係していることを示している。

 ただし、今の時点でその何らかの因子が具体的に何なのかは不明だ。

 だが、その正体を特定し、冬眠動物の「使わなくても衰えない筋肉」の秘密が解明されれば、人間の寝たきりを予防したり、効果的なリハビリなどに使える可能性があるとのことだ。

References:冬眠期のツキノワグマ血清にはヒトの筋肉細胞量を増やす効果があることを発見 | 広島大学 / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル