top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

植民地時代のインド 親友2人の友情と壮絶な戦い ラージャマウリ監督最新作「RRR」公開決定

映画スクエア

×

 「バーフバリ」シリーズを生み出したS・S・ラージャマウリ監督最新作「RRR」(アールアールアール)が、10月21日より劇場公開されることが決まった。

 タイトルの「RRR」は、”Rise(蜂起)””Roar(咆哮)””Revolt(反乱)”の頭文字が由来となっている。1920年、イギリス植民地時代のインド。イギリス軍に捕らわれた村の少女を救い出す使命を背負った“野性を秘めた男”ビームと、イギリスの警察官で“内なる怒りを燃やす男”ラーマ。敵対する立場の2人は、互いの素性を知らぬまま唯一無二の親友となっていく。インド激動の時代で、家族、誇り、そして一国の未来をも背負った2人の友情と壮絶な戦いが描かれる。

 インド映画史上最高制作費となる7200万ドルをかけて作られた本作は、豪華でスケールの大きい映像とパワフルなアクションの数々を見せる。ハリウッド批評家協会賞では、インド映画初となる最優秀作品賞にノミネートされた。

 日本での公開決定にラージャマウリ監督は、「『RRR』が日本で公開されることが本当に嬉しいです!『バーフバリ』は日本の皆さんから圧倒的な愛情、称賛、支持を頂きました。また『マガディーラ』や『マッキー』も深い愛のお陰で良い成績を収めることができました。他の国と同様に、日本でも皆さんに『RRR』を愛して頂けるよう祈っています。10月にお会いできるのを楽しみにしています。」と、コメントを寄せている。

【作品情報】
RRR
2022年10月21日(金)全国公開
配給:TWIN
© 2021 Lilies Films / France 3 Cinéma

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル