top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

エストニアの寒村 「死者の日」を迎える11月 世にも不可思議な純愛描く 「ノベンバー」公開決定

映画スクエア

 2018年のアカデミー賞外国語映画賞のエストニア代表に選ばれた映画「ノベンバー」が、10月29日より劇場公開されることが決まった。

 「ノベンバー」は、「死者の日」を迎える11月のエストニアの寒村を舞台に、世にも不可思議な純愛を描いたダーク・ラブストーリー。戻ってきた死者が家族を訪ね、一緒に食事をしサウナに入るという「死者の日」。精霊、人狼、疫病神が徘徊(はいかい)する中、貧しい村人たちは「使い魔クラット」を使役させて隣人から物を盗みながら、極寒の暗い冬をどう乗り切るか思い思いの行動をとる。そんな中、農家の娘リーナは、村の青年ハンスに思いを寄せている。そのハンスは、領主のドイツ人男爵の娘に恋いこがれるあまり、森の中の十字路で悪魔と契約を結ぶ。

 真夜中の十字路での悪魔的な出会い、満月の狼への変身と愛の特効薬、ペストを村から追い出すための奇策、白装束の死者の列、森の暗い松の間から漏れる月光など、フォークロア、ゴシック、ロマンス、ブラックユーモア、そして愛と哀愁をシームレスに縫い合わせた、少女と水と風の美しい物語が展開される。

 原作は、2000年に発表された、エストニアの作家アンドルス・キビラークの「レヘパップ・エフク・ノベンバー(Rehepapp ehk November)」。エストニア内の全図書館において、過去20年間で最も貸し出された本として知られている。監督のライナー・サルネは、“全てのものには霊が宿る”というアニミズムの思想をもとに、異教の民話とヨーロッパのキリスト教神話を組み合わせて映画化した。

 農家の娘リーナを演じるのはレア・レスト。男爵の謎めいた娘をパフォーマンス・アーティストとして活躍するジェット・ルーナ・エルマニスが、2人の気を引こうとする農家の青年ハンスをヨルゲン・リクが演じている。また、本作が遺作となった「ムカデ人間」のハイター役で知られるディーター・ラーザーが、男爵役を務めている。

広告の後にも続きます

【作品情報】
ノベンバー
2022 年 10 月 29 日(土)よりシアター•イメージフォーラムほか全国順次公開
配給:クレプスキュール フィルム
(C)Homeless Bob Production,PRPL,Opus Film 2017

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル