top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

西島秀俊、三浦友和の腹に銃口を突きつける 「グッバイ・クルエル・ワールド」場面写真

映画スクエア

×

 9月9日より劇場公開される、西島秀俊、斎藤工、宮沢氷魚、玉城ティナ、宮川大輔、大森南朋、三浦友和らが出演する映画「グッバイ・クルエル・ワールド」の、新たな場面写真と本ポスターが公開された。

 場面写真では、家族との平穏な暮らしを望む安西(西島秀俊)と安西の妻(片岡礼子)の子供との食事のシーンや、笑顔ながらも2人の間には銃が転がっている安西と刑事・蜂谷(大森南朋)のシーン、安西が浜田(三浦友和)の腹に銃口を突きつける不穏なシーンなどが切り取られている。

 あわせて公開された本ポスターでは、西島秀俊演じる元ヤクザ組長・安西の姿を中心に、斎藤工演じる粗野で凶暴な闇金業者・萩原、宮沢氷魚演じるラブホテルの従業員・矢野、玉城ティナ演じる強盗団の一員・美流、宮川大輔演じる美流の魅力に取りつかれた・武藤、大森南朋演じる刑事・蜂谷、三浦友和演じる金持ちどもの転落を画策する浜田の姿が切り取られている。劇中に登場するフォード・サンダーバードの写真も使われ、“ようこそ、狂乱の世界へ。”のコピーが大きく描かれている。

 「グッバイ・クルエル・ワールド」は、互いに素性を明かさない強盗組織の一員を描いたクライム・エンターテインメント作品。ラブホテルで秘密裏に行われていたヤクザ組織の資金洗浄現場を狙い、大金強奪の大仕事に成功した強盗組織メンバー。それぞれの生活に戻るメンバーだったが、ヤクザ組織に追われる日々が訪れる。西島秀俊、斎藤工、玉城ティナ、宮川大輔、三浦友和らが強盗組織の一員を演じるほか、宮沢氷魚演じるラブホテル従業員、大森南朋演じる刑事が出演。脚本は高田亮のオリジナルで、監督は大森立嗣が務める。

【作品情報】
グッバイ・クルエル・ワールド
2022年9月9日(金)全国公開
配給:ハピネットファントム・スタジオ
(C)2022『グッバイ・クルエル・ワールド』製作委員会

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル