top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

8歳の少女 森の中で8歳の母親と出会う セリーヌ・シアマ監督「秘密の森の、その向こう」公開決定

映画スクエア

 第71回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に正式出品された、「燃ゆる女の肖像」のセリーヌ・シアマ監督最新作「秘密の森の、その向こう」が、9月23日より劇場公開されることが決まった。

 「秘密の森の、その向こう」は、8歳の少女を主人公にした、喪失と癒やしの物語。祖母が他界し、その悲しみに耐えかねた母が姿を消した日、かつて母が遊んだ森を探索する8歳のネリーは、自分と同じ年の少女と出会う。母の名前「マリオン」を名乗るその少女の家に招かれると、そこは“おばあちゃんの家”だった。喪失という痛みを抱えた娘と母が、時空を超えて出会うことで見つけるものを描く。

 監督は、「燃ゆる女の肖像」で高い評価を得たセリーヌ・シアマ。「燃ゆる女の肖像」でセザール賞の撮影賞を受賞したクレア・マトンと再びタッグを組み、時空を超える壮大な物語を描き出す。

 公開された予告編では、祖母を亡くし、母が出て行ってしまった痛みを抱えたネリーが、森でママと同じ名をもつ少女「マリオン」と出会うシーンが描かれている。仲良くなった2人が楽しそうにはしゃぐ姿を見せる一方で、8歳同士の会話とは思えないどこか哲学的なやりとりも見られる。また、クレア・マトンが撮影を担当した、物語が展開する森をはじめとした映像の美しさも垣間見ることができる。

【作品情報】
秘密の森の、その向こう
2022年9月23日(金・祝) ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ他 全国順次ロードショー
配給:ギャガ
© 2021 Lilies Films / France 3 Cinéma

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル