top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ノーベル賞を2度受賞した天才科学者 激動の半生描く ロザムンド・パイク主演 「キュリー夫人」公開決定

映画スクエア

×

 ロザムンド・パイク主演の映画「キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱」が、10月14日より劇場公開されることが決まった。

 「キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱」は、キュリー夫人の激動の半生を描いた作品。19世紀のパリ。ポーランド出身の若き女性研究者マリ・スクウォドフスカは、性差別によって研究の機会を与えられずにいた。そんな中、同僚の科学者ピエール・キュリーと結婚したマリは、キュリー夫人となる。彼の支援で研究に没頭した彼女は、ラジウムとポロニウムという新しい元素を発見。夫婦でノーベル賞を受賞するが、夫は不慮の事故でこの世を去ってしまう。さらに、彼女が発見したラジウムは、がん細胞の治療に役立つ一方、核兵器としても利用されるようになり、彼女の苦悩は深まっていく。

 歴史上の偉人として名を残すキュリー夫人。1903年にノーベル物理学賞、1911年に同科学賞を受賞したキュリー夫人は、ノーベル賞を2度も受賞した史上初の人物である。彼女が夫とともに発見した放射性元素は、科学の常識を覆し、がん治療に活用されて多くの人々の命を救った一方で、核兵器として戦争の道具としても使われてきた。本作では、キュリー夫人の輝かしい業績とは裏腹にある、愛する夫との出会いと別れ、女性や移民であることによる差別など、激動の人生の光と影に焦点を当てた作品となっている。

 キュリー夫人を演じたのは「ゴーン・ガール」のロザムンド・パイク。公私ともに支えあった夫ピエールは「マレフィセント」シリーズのサム・ライリー、研究所の同僚ポールは「どん底作家の人生に幸あれ!」のアナイリン・バーナード、母の才能を受け継いだ娘イレーヌは「ラストナイト・イン・ソーホー」のアニャ・テイラー=ジョイが演じた。監督は、「ペルセポリス」のマルジャン・サトラピ。苦悩するキュリー夫人の揺れ動く心情を丁寧に描いた。

【作品情報】
キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱
2022年10月14日(金)より kino cinéma横浜みなとみらい他 全国順次公開
配給:キノフィルムズ
© 2019 STUDIOCANAL S.A.S AND AMAZON CONTENT SERVICES LLC

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル