top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【ライブレポート】オナニーマシーンがまさかの大トリで他出演者を巻き込んで大暴走!<イノマーロックフェスティバル>

WWSチャンネル

オナニーマシーン<イノマーロックフェスティバル>(写真:志賀テルミ/たたみ/ミズタニシュウヘイ)

口腔底がんのため53歳の若さで亡くなったイノマーの遺志を受け継ぐ一夜限りのロックフェスティバル『イノマーロックフェスティバル』が、7月16日(土)に有明・東京ガーデンシアターで開催された。


性春パンクバンド、オナニーマシーンのリーダーだったイノマー。本記事ではイノマー亡き後、まさかの復活ステージとなったオナニーマシーンのライブレポートをお送りする。果たしてイノマーは奇跡的にステージに降臨するのだろうか。

【ライブレポート】「イノマーロックフェスティバル」に出演したオナニーマシーン

まだ暗いステージ上の画面には、かつてのオナニーマシーンのステージの映像が展開。その中には入院中のイノマーや、最後にイノマーがステージに立った際の映像も含まれている。

そんな中、イノマー亡き後に残されたメンバーとなったオノチン(Gu.)とガンガン(Dr.)がステージに登場。いつものイノマーのポジションには、彼が実際に使用していたベースが置かれている。

オノチンとガンガン、2人体制でのオナニーマシーンの1曲目は『あのコがチンポを食べてる』。ドラムをプレイしながら歌うガンガン。安定したドラムのリズムとともにしっかりとしたボーカルで会場を魅了する。そのまま弾けるような勢いで、曲は『ドーテー島』へ。ボーカルも引き続きガンガンが歌い上げた。

広告の後にも続きます

「今日、イノマーは用事があって来れないようですスミマセン」。オノチンがとぼけた様子でそう告げた途端、会場には江頭2:50の登場曲『スリル』が響く。どうやら生前のイノマーと親交の厚かった江頭2:50がステージに登場するようだ。どこから登場するかと思いきや、まさかのアリーナ後方の客席エリアからの猛ダッシュ。ステージへ上がった江頭2:50とオノチンがトークを展開しようとするも、まったく噛み合わず会場には笑いが響く。

困った江頭2:50は「ちょっとこのままじゃお笑い的に喰われちゃうから、1曲歌っていいか?」とオナニーマシーンの代表曲『恋のABC』を披露。いつもの彼のような独特のステップでリズムをとりながら歌いこなし、オノチンに頭を撫でられたりとさんさんイジられつつもしっかりと歌い切ってステージを去っていった。

「じゃあベース弾ける人、呼ぼうか」ガンガンの一声で登場したのは、本フェスにも出演していたTheピーズの大木温之。「今日はイノマーさんのベース弾かせてもらうよー」とゴキゲンな様子でベースを構える。そしてボーカルとして、同じく本フェスのトップバッターで登場した銀杏BOYZの峯田和伸が登場。ハイテンションなテンポで『チンチンマンマン』を展開すると、会場のボルテージは最高潮に達した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル