top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

星野源の自宅カラオケで浮上する妻・新垣結衣が「SPEEDに入りたかった」過去

アサジョ

×

 俳優でシンガー・ソングライターの星野源が7月12日、自身のレギュラーラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)に出演。妻で女優の新垣結衣と“自宅カラオケ”をした時のエピソードを披露した。

 星野はオープニングトークで、「こないだね、家でボーッとしてたんですよ。ボケーっとしてた時に結衣さんが『カラオケする?』って言ってくれて、『わぁー、するする!』って」とゲーム機の中に入っていたカラオケソフトを利用した自宅カラオケに挑戦したことを告白。

 星野によると「前からなんかカラオケでもしたいねって言ってて」といい、トータルで6時間2人で歌い続けたという。その中で自分の曲も歌ったといい、さらにメドレーにも挑戦。しかし、そのメドレーの最新曲が11年ごろのもので古かったため「メドレー2を作ってくれませんかね」とカラオケ会社に公開要望。ほかにも自身の曲なのに久しぶりすぎてうまく歌えず、逆に新垣のほうが歌えるという状況に焦ったことなどを語っていた。

 星野は新垣と過ごした自宅カラオケの中で、「歌うのって生活の一部なんだなって感じて」と“気付き”を告白。星野が高校生の頃、歌は生活の一部だったが、それが仕事になるにつれて「歌を歌うっていうことだけに関して言った時に生活の一部じゃなくて仕事の一部になっていたんだなと思って」と語った。しかし、カラオケで歌っているうちにすごく元気になってきたといい、「それって生活が戻ってきたっていうことなんだなと思ったんですよ」と振り返った。

 最後は、「(新垣に)一緒に歌ってもらえたりとかね。そういうところもすごく楽しかったし、大切なことを1個思い出せたなと思いました」と新垣に感謝しつつ、「なので、あの、ぜひ皆さん、星野源メドレーを歌って下さい」としっかりオチをつけていた。

広告の後にも続きます

 ネット上では、《素敵な発見があった様ですね。夫婦ならではでしょうか》《源さんが話してくれる結衣さんの姿はいつも、心にそっと寄り添ってくれるような慈愛に満ちたエピソードばかり》《疲弊した源さんを見て、歌を仕事ではなく生活の一部に戻してくれた結衣さんが本当に素敵です》など新垣への称賛の声が続出。ほかにも《ガッキーも歌出してたもんね》《ガッキーの歌手活動は賛否ありましたが、個人的に彼女の歌声大好きなので、リラックスしたおうちでそれを聴けるのはうらやましいなぁと思いました》《ガッキーの生歌カラオケ聴きたいですね》などの声も上がった。

「新垣は、小学生時代は同じ沖縄出身のユニット・SPEEDに入ることが夢だったそうで、芸能界デビュー後の07年から10年までの約3年の間にシングル4枚、アルバム3枚を発表するなど歌手活動も行っていました。今では仕事で歌うことはほぼないので、生歌を聞いた星野はファンからすれば垂涎ものでは」(芸能記者)

 新垣の歌声で星野もさぞ癒やされたことだろう。

(柏原廉)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル