top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「ベッドでは体力負けしているけど…」五月みどりが語った3回目の結婚と離婚/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

×

 1975年に主演した「五月みどりのかまきり夫人の告白」(東映)以降、東映と日活で4本の作品に主演。若々しい肉体と大胆な演技で、五月みどりは世の男性を楽しませた。

 83年には中森明菜の「少女A」にインスパイアされたという「熟女B」を発売。熟ブームを巻き起こしたのは、彼女が43歳の時だった。

 2年後の85年、そんな五月は20歳年下の歌手・立花淳一と3回目の結婚を発表。11月14日、東京・永田町のキャピトル東急ホテルで婚約発表記者会見を開いた。

 2人の出会いは、前年のディナーショー。立花が前座を務めたことがきっかけだったが、

「そのあと、彼から『結婚』という言葉がポンポン出るようになって。私は2度失敗しているから臆病になっていたので『結婚って、すごく大変なのよ』と言い続けていたんです。それに、彼が結婚してダメになった、なんて言われたら嫌だし。でも『もしダメになったら、それは100%僕が悪いんです』と。それを聞いて、なんだか情にほだされちゃって」

広告の後にも続きます

 とはいえ、この時、五月は46歳。一方の立花は26歳とあって、

「(不貞については)彼には『してもいいわよ』と言ってあるんです。もっとも、その代わり彼が不貞したら『私はその3倍しちゃうから』と言っています」

 さらに、報道陣からの「体力的な問題は?」という質問に対し、

「毎晩、ベッドでは彼に体力負けしていますけど、今のところ、まだお断りするほどでは…なんて、アッハッハッハ。そのうち、体力的にはやっぱり限界を感じるようになるかも」

 そう言って頬を赤らめる五月の隣で、ガチガチに緊張した立花は、

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル