top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

SHARE LOCK HOMES、初の47都道府県ツアーを無事に完走

WWSチャンネル

Photo by Ban Yutaka(※提供写真)

メジャーファーストアルバム『JACK』をリリースし、1月15日メンバーの地元である山口県下関を皮切りにスタートした初の47都道府県ツアー「SLH電鉄〜47都道府県ツアーの巻〜」。

51公演目の千秋楽は7月16日東京Spotify O-EASTにて開催された。

【写真】初の47都道府県ツアーを無事に完走したSHARE LOCK HOMES

『#1Way Road』のイントロが流れ、会場からは熱い歓声が沸き、「ツアー最終日、楽しんでいきましょう!」と叫び、ブラックの衣装に身を纏ったメンバーがステージに登場しライブはスタートした。

この日を待っていた!と言わんばかりの熱気が会場には漂っていた。

広告の後にも続きます


今回のツアーで出来上がった『Japan Jack47』は、クルー(ファン)のクラップに合わせラップ&ボイパを披露。
『一撃スナイパー』『Take it ease』『カチカチマウンテン』では、SLHの弟分のTOBY HOMESがバックダンサーとしてステージに登場し盛り上げた。

47都道府県ツアーの最中に制作を行った mini album『jumble』(7月13日発売)に収録されている『roll-up』や『ARAI』をクールなダンスと共に歌い上げ、DJ Timeと流れていく。

mini album『jumble』の衣装にチェンジしたメンバーがステージに再登場。

『犬』『feel so good』『ふたりばなし』といったSLH流ラブソングが会場を暖かく包み込んでいく。

このツアーの移動はほぼ車だったという。一緒に走った機材車には、各会場でクルー(ファン)に書いてもらったメッセージを貼り、クルーの思いと共に24,000kmを無事に完走した事をMCで語った。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル