top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ジョニー大倉「故郷で音楽葬」呼びかけに矢沢永吉は姿を見せず…/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

×

 2014年11月、肺炎のため62歳で急死──。伝説のロックバンド「キャロル」元メンバーのジョニー大倉である。

 そんな大倉の音楽葬「JOHNNY FOREVER」が、翌15年4月13日に神奈川県の「川崎クラブチッタ」で開催されることに。前日の12日、発起人を代表して、元キャロルのユウ岡崎、クールスの村山一海、横浜銀蝿の翔らが記者会見を行った。

 4月13日はキャロル解散から40周年にあたる日。そんな記念日とあり、翔は、

「ジョニーさんだから普通の葬儀だけではなく、天国という永遠のステージに送り出してやろうという話になってね。で、やるならその日にジョニーさんの故郷で、キャロルが誕生したクラブチッタのステージで、仲間たちを集めてやろうということになったんです」

 音楽葬開催の理由を、そう明かしたのだった。

広告の後にも続きます

 70年代に一世を風靡したキャロルは、矢沢永吉が作ったメンバー募集の貼り紙を見た大倉が参加したことが、結成のきっかけだった。だが音楽的方向性の違いから、数々の名曲を残すも、わずか2年で解散。その後、長きにわたり。大倉と矢沢の確執が伝えられていた。

 会見で矢沢出演に触れた村山は、

「事務所の方には、話は通っています。本人がどう考えてるかは分からないけど、ぜひ来てほしいね。いろんなしがらみがあると思いますが、出てほしい。永ちゃん待ってるよ!」

 と呼びかけた。だが当日のステージに、矢沢の姿はなかった。

 ロックンローラーという印象がある大倉だが、当時は役者としても活躍。映画「ハワイアンドリーム」「チンピラ」での好演もあり、88年の大河ドラマ「武田信玄」では準主役に抜擢され、個性派俳優として注目される存在でもあった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル