top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

がんを宣告された男性 死を見つめ、人生を整理する 笠井信輔ナレーション「愛する人に伝える言葉」予告

映画スクエア

 10月7日より劇場公開される、カトリーヌ・ドヌーヴとブノワ・マジメル共演の映画「愛する人に伝える言葉」の、予告編が公開された。

 予告編は、本作でセザール賞最優秀主演男優賞を受賞したブノワ・マジメル演じるバンジャマンが、主治医から余命を「半年から一年」と告知され、カトリーヌ・ドヌーヴ演じる母が悲しみに暮れる姿から始まる。人生半ばですい臓がんを宣告されたバンジャマンは、名医として知られるドクター・エデから「一緒に進みましょう」と声をかけられ、教師として、母の愛を受ける子供として、そして父親として、さまざまな葛藤にさいなまれながらも、死と向き合っていく過程が穏やかに描かれてゆく。

 ナレーションを担当したのは、予告編のナレーションは初となるフリーアナウンサーの笠井信輔。自身も悪性リンパ腫にかかり、4カ月半の入院経験を持つ笠井アナは、本作について「これは、末期がんを悲しむ映画ではありません。人生の終点までどう生きればいいのか?そして、どう見送ってあげればいいのかを優しく教えてくれるのです。がんサバイバーの私も希望と気づきを頂きました。」とコメントを寄せている。

 「愛する人に伝える言葉」は、がんを宣告された主人公とその母親が、限られた時間のなかで”人生のデスクの整理”をしながら、穏やかに死と向き合う過程を描いた作品。カトリーヌ・ドヌーヴと、本作でセザール賞最優秀主演男優賞を受賞したブノワ・マジメルが共演し、主人公に愛情を寄せ献身的に看病する看護師役を「モンテーニュ通りのカフェ」などのセシル・ド・フランス、主治医のドクター・エデ役を実際に現役のがん専門医であるガブリエル・サラが演じている。監督は、カンヌ国際映画祭のオープニング作「太陽のめざめ」を手がけたエマニュエル・ベルコ。

【作品情報】
愛する人に伝える言葉
2022年10月7日(金)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座 他全国公開
配給:ハーク/TMC/SDP
© Photo 2021 : Laurent CHAMPOUSSIN – LES FILMS DU KIOSQUE

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル