top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

川越を舞台にした、愛とジャズと感動の物語 「リ、ライト」公開決定

映画スクエア

×

 川越を舞台にした映画「リ、ライト」が、劇場公開されることが決まった。9月17日から川越スカラ座、23日から池袋シネマ・ロサで劇場公開される。

 「リ、ライト」は、川越を舞台に描く、愛とジャズと感動の物語。ある日、クラブシンガーを名乗る水崎洋子が、アンティーク照明の修理店を営みながら一人で静かに暮らす老人・野口藤吾のもとに現れる。藤吾の息子・耕輔の子をおなかに宿しているという洋子だが、耕輔は20年前に行方をくらませたきり何の音沙汰もなかった。洋子の素性を怪しむ藤吾だが、行くあてのない洋子の体を気遣い、店に泊めることになる。そして一晩のはずが、洋子との奇妙な生活が始まってしまう。やがて、人との交流を避けるように静かに暮らしていた藤吾の生活に、洋子はあかりを灯し始める。

 コロナ渦で人々が集うことを避けてきたなか、年老いた一人暮らしの照明職人・野口藤吾が自らの心にあかりを灯すまでを、予期せぬ客人・水崎洋子との心の交流や、過去に置き去りにしていた音楽への思いなどを交えて描く。劇中に登場するジャズの演奏シーンは、吹き替えや当て振りは一切なしで、現場で演奏された。

 主人公の洋子を演じるのは、ドラマや映画、舞台で活躍中の梅宮万紗子。本作が映画初主演となった。藤吾役は演劇を中心に活動する大森博史。監督・脚本・編集を務めたのは、2019年の「おわりはじまり」で第三回キテミル川越ショートフィルムフェスティバル大賞で大賞に選ばれた一ノ瀬晶。一ノ瀬にとって、本作が長編初監督作となる。

【作品情報】
リ、ライト
2022年9月17日(土)から川越スカラ座、23日(祝)から池袋シネマ・ロサにて公開
配給:トリプルアップ/クロスメディア
©/2022unit.TOTLOT

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル