top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

星野源、妻の新垣結衣と自宅で6時間もカラオケをしたと暴露「結衣さんの方が自分の歌を…」

Quick Timez

《キュンキュンが止まらない》

《可愛すぎるんですけど》

《めちゃくちゃ羨ましい》

など、その微笑ましいエピソードにたくさんのコメントが寄せられました。

星野源、夫婦円満エピソードで忘れかけていた日常取り戻す

今回、新垣さんとの6時間カラオケがとても楽しかったことを振り返った星野さん。

広告の後にも続きます

「6時間ってカラオケボックスでもなかなかしない時間じゃない?」、「打ち上げで行くカラオケも2次会、3次会の後だから覚えてない」と、新垣さんとのカラオケを満喫し、大切なことに気づいたと話を続けます。

星野さんは、自身がリスナーとしては現在でも「20歳ぐらいの自分」という、まだ音楽を仕事にする前の感覚があるとして「歌を歌うってことにだけに関して言ったときに、生活の一部というより仕事の一部になってたんだなと思って」と日々の忙しさを自覚したよう。

「なんでそう思ったかっていうと、(カラオケ前は)すごく元気がなかったんだけど、元気が戻ってきたんですよ。ちょっとずつ歌ってるうちに。それって『生活が戻ってきた』ってことなんですよ。生活を忘れそうになってた」、「仕事帰りにお風呂で一曲歌って忘れるかって(スカッとした)気持ちになってきた」と前向きになれたことを明かしました。

新垣さんがカラオケに誘ってくれたことで「歌うってことを生活の一部にしてたなって。それを思い出させてくれたなって思いました」と感謝を感じた星野さん。

「カラオケっていいなって思ったし、そういう風に一緒に歌ってもらえたりとかね、そういうところもすごく楽しかったし、なんか大切なことを一個思い出せたなって思いました」と良い時間を過ごせたことを報告しました。

自身の曲を歌えなくなっているなど、クスッと笑えるトークもありましたが、夫婦でしみじみと楽しい時間を過ごせたことを振り返り、リスナーたちは一様にほっこりしたようです。

(文:Quick Timez編集部)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル