top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

横浜流星、清原果耶とともに水墨画に青春をかける姿 「線は、僕を描く」特報

映画スクエア

 10月21日に劇場公開される、2020年の「本屋大賞」で3位となった砥上裕將同名小説の映画化作「線は、僕を描く」の、特報映像が公開された。

 公開された特報映像は、主人公の青山霜介(横浜流星)が水墨画の世界に魅了されるきっかけとなった、篠田湖山(三浦友和)との出会いのシーンのほか、霜介と出会いライバル心を抱くようになる篠田千瑛(清原果耶)の姿など、青春をかけて水墨画に取り組む霜介や千瑛たちの姿が捉えられている。yamaとVaundy(バウンディ)が手掛けた書き下ろしの主題歌「くびったけ」も聞くことができる。ナレーションは早見沙織が務めている。

 あわせてポスタービジュアルも公開された。ビジュアルには、本作の水墨画監修を務めた小林東雲による水墨画“線と椿”とともに、主人公の霜介が大きく捉えられている。千瑛をはじめとする霜介をめぐる人物たちの姿も写し出され、「涙をぬぐい、心を描け――」のコピーが添えられている。

 「線は、僕を描く」は、大学生の青山霜介(そうすけ)を主人公とした作品。アルバイト先の絵画展の設営現場で、白と黒のみで表現された水墨画の鮮やかな世界を知った霜介。水墨画の巨匠・篠田湖山(こざん)に声をかけられた霜介は、水墨画を学び始める。筆先から生み出される線のみで描かれる芸術である水墨画。霜介は、「自然」「命」を白と黒だけの世界で表現する水墨画に戸惑いながらも、その世界に魅了されていく。横浜流星が主人公の青山霜介を演じる。スタッフには、小泉徳宏監督を筆頭とした「ちはやふる」シリーズの製作チームが再集結した。

【作品情報】
線は、僕を描く
2022年10月21日公開
配給:東宝
©砥上裕將/講談社 ©2022映画「線は、僕を描く」製作委員会

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル