top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

チェン・カイコー、ツイ・ハーク、ダンテ・ラム共同監督 朝鮮戦争の激闘描く超大作映画「1950」公開

映画スクエア

×

 2021年の世界興行収入で2位となった、製作費270億円の超大作映画「1950 鋼の第7中隊」が、9月30日より劇場公開されることが決まった。

 「1950 鋼の第7中隊」は、1950年11月27日に、現在の朝鮮民主主義人民共和国の咸鏡南道長津郡長津湖周辺で行われた、朝鮮戦争の戦闘の一つである「長津湖(ちょうしんこ)の戦い」を描いた作品。「長津湖の戦い」は、仁川から朝鮮半島に上陸し、38度線を越えて中朝国境に迫っていたアメリカ軍を主体とする国連軍と、中国人民志願軍が初めて激突した戦闘で、朝鮮戦争の中でも最も激しかったことで知られる。この戦いを中国側の視点から描き、約3時間の大作として作り上げた。

 監督に共同で名を連ねるのは、中国映画界の重鎮である、チェン・カイコー、ツイ・ハーク、ダンテ・ラムの3人。零下41度に達する極寒の厳しい状況での死闘となった「長津湖の戦い」は、これまで数多くの製作者が映画化を構想してきたが実現に至らなかった。当初から製作が困難を極めることが予想されたため、中国映画界の重鎮たちが集結し、共同で監督することになった。

【作品情報】
1950 鋼の第7中隊
2022年9月30日(金) TOHOシネマズ日比谷ほか 全国ロードショー
配給:ツイン
© 2021 Bona Entertainment Company Limited All Rights Reserved.

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル