top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ミッキー・ブランコ、自身2枚目のフルAL『ステイ・クロース・トゥ・ミュージック』リリース

BARKS


ミッキー・ブランコのニュー・アルバム『Stay Close To Music』は、これまで彼がリリースしてきた作品とは一線を画すと言える。

◆ミッキー・ブランコ 関連画像

これは、ミッキーの芸術性に関してこれまで抱いていた思い込みを打ち砕き、ミッキーが自由に自らのサウンドを定義できるようにするアルバムだ。詩人、アーティスト、ミュージシャンのミッキー・ブランコは、その進化を通して、ジャンルを常に曖昧にしてきた。レイブ、トラップ、グランジ、パンクからの影響を、クィア/トランスとしての経験を称える実験的なヒップホップの渦の中に引き込んできたのである。

今回、ミッキーは、自分たちの音の世界を一から創り上げたい、という結論に達し、プロデューサーでマルチインストゥルメンタリストのフォルティDLとコラボレート。豊かな生楽器による新しいサウンドスケープを思い描くことを可能にした。曲作りはリスボン、パリ、ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルスで行われ、数々のジャムセッションを通じて曲が作られていった。2019年までに、ミッキーは2つの異なるレコードを同時に制作していることに気付いた。1枚目は2021年の賞賛されたミニ・アルバム『Broken Hearts & Beauty Sleep』、2枚目は『Stay Close To Music』となった。『Stay Close To Music』には、マイケル・スタイプ、ソウル・ウィリアムズ、アノーニ、ダイアナ・ゴードン、デヴェンドラ・バンハート、MNEK、ヨンシーなどがフィーチャリングされている。


『Stay Close To Music』

2022月10月14日
Transgressive
TRANS580CDJ[CD/国内流通仕様]定価:未定
発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ

■収録曲目:
1. Pink Diamond Bezel
2. Steps (feat. Saul Williams and MNEK)
3. French Lessons (feat. ANOHNI and Kelsey Lu)
4. Ketamine (feat. Slug Christ)
5. Your Love Was A Gift (feat. Diana Gordon)
6. Family Ties (feat. Michael Stipe)
7. Your Feminism Is Not My Feminism (feat. Ah-Mer-Ah-Su)
8. Lucky
9. Interlude
10. Trust A Little Bit
11. You Will Find It (feat. Devendra Banhart)
12. Carry On (feat. Jónsi)

◆ミッキー・ブランコ オフィシャルサイト

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル