top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

チェロ奏者となった聖司 物語を書き続けている雫 清野菜名&松坂桃李W主演 「耳をすませば」予告

映画スクエア

 柊あおいの同名青春恋愛漫画を元にした実写映画「耳をすませば」の、予告編が公開された。

 予告編では、「チェロ奏者になるのが夢なんだ」「聖司君がイタリアに行ってる間、私もっと勉強して書くから。物語」と、中学時代に固い約束を交わしてイタリアへ旅立った聖司と日本に残った雫と、その後の姿が描き出されている。そして10年後、チェロ奏者として活動する聖司と、児童書の編集者として働きながら物語を書き続けていた雫は、お互いの存在を心の支えに、夢に向かって走り続けていた。しかし、仕事で大きなミスをしてしまった雫は、人生の答えを求め、ある場所へと向かう。

 地球屋に訪れてバロンとの再会を果たす清野菜名演じる雫の姿や、チェロを演奏する松坂桃李演じる聖司の姿などが描かれているほか、地球屋の店主と雫が耳に手を当て、⼼の声に耳を傾ける姿なども見られる。さらには、主題歌に決定した、杏がカバーする「翼をください」のさわやかな歌声も聞くことができる。

 あわせて解禁された本ポスターには、見晴らしの良い丘の上で約束を交わす、朝日に照らされてた中学生の雫と聖司が大きく写し出されている。そして、10年後にイタリアと日本とで離れて暮らすふたりの姿や、2人の姿を変わらぬまなざしで見守り続けるバロンも切り取られている。

 新たなキャストも追加発表された。雫の働く出版社の部長に音尾琢真、先輩役に松本まりか、後輩に中田圭祐。そして、雫が担当を受け持つことになる作家・園村役に田中圭が顔をそろえる。また、雫の両親を小林隆、森口瑤子が、松坂演じる聖司の祖父であ地球屋の店主のおじいさんを近藤正臣が演じる。

広告の後にも続きます

 「耳をすませば」は、柊あおいの青春恋愛漫画で、読書が大好きな中学生の女の子・月島雫が、夢に向かって生きる男の子・天沢聖司に思いを寄せていく姿を描いた作品。1995年にはスタジオジブリがアニメ映画化し、大ヒットを記録した。今回の実写映画では、漫画やアニメ映画で描かれた中学生の物語に加え、完全オリジナルストーリーによる10年後の物語が加わっている。大人になった月島雫を清野菜名が、天沢聖司を松坂桃李が演じ、平川雄一朗監督がメガホンを取る。

【作品情報】
耳をすませば
2022年10月14日公開
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/松竹
©︎柊あおい/集英社 ©︎2022『耳をすませば』製作委員会

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル