top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

フランス革命前夜に訪れた”食の革命” 世界で初めてレストランを作った料理人 「デリシュ!」公開決定

映画スクエア

×

 フランスを舞台に、世界で初めてレストランを作った男の人間ドラマを描いた映画「デリシュ!」が、9月2日より劇場公開されることが決まった。

 「デリシュ!」は、フランス革命前夜の1789年のフランスを舞台に、誇り高い宮廷料理人のマンスロンを描いた作品。公爵主催の食事会で渾身の料理を振る舞ったマンスロンだが、自慢の創作料理「デリシュ」にジャガイモを使ったことが貴族たちの反感を買い、公爵から解雇されてしまう。息子を連れて実家に戻った失意のマンスロンの元に、料理を学びたいという謎めいた女性ルイーズが現れる。熱意に押されて彼女の希望を受け入れたマンスロンは、おいしい料理を作る喜びを再発見していく。そして、ルイーズや息子の協力を得て、世界で初めて一般人のためのレストランを開く。店はたちまち評判となるが、公爵にその存在を知られてしまう。

 貴族と庶民が同じ場所で食事をすることが考えられなかった時代から、「レストラン」は誕生とともに貴族も庶民も一緒に食事を楽しむ場となった。フランス革命とともに訪れる「食の革命」が描かれる。

 監督は、フランスで長く脚本家のキャリアを積んだエリック・ベナール。今作が長編第7作となる。主人公のマンスロンに「グッバイ・ゴダール!」「オフィサー・アンド・スパイ」のグレゴリー・ガドゥボワ。「記憶の森」でセザール賞主演女優を受賞したイザベル・カレが、マンスロンとともに料理で公爵と対決する謎の女性ルイーズを演じている。

 日本版のポスターは、「世界初の“レストラン”開業の秘密、教えます」のキャッチコピーに、主人公のマンスロンとルイーズが互いを見つめ合い小麦粉をこねている姿が中央に配置され、背後には世界初のレストランでおいしい料理を楽しむ客たちの姿が描き出されている。また、2人の前には、本作のもうひとつの主役である食材が並んでいる。

広告の後にも続きます

【作品情報】
デリシュ!
2022年9月2日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
配給:彩プロ
©︎2020 NORD-OUEST FILMS―SND GROUE M6ーFRANCE 3 CINÉMA―AUVERGNE-RHôNE-ALPES CINÉMA―ALTÉMIS PRODUCTIONS

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル