top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

傷ついた中年ヒーローの優しい成長譚 『ソー:ラブ&サンダー』茶一郎レビュー

映画スクエア

×

はじめに

 お疲れ様です。茶一郎です。今週の新作は当然『ソー:ラブ&サンダー』。マーベル・シネマティック・ユニバース=MCU最新作にして、次回監督作は「スター・ウォーズ」新作、前作でシリーズを良い意味で無茶苦茶にしたタイカ・ワイティティ監督が再び「マイティ・ソー」シリーズを手掛けます。「ソー」というキャラクターの美味しい調理法は完璧にモノにしています。前作『ソー:ラグナログ』で確立したコメディマシマシ。前作に増してより混沌とした神々の遊びが繰り広げられる一方、心の傷に気付けなくなった男が心の鎧を脱ぎ捨てる壮大な宇宙セラ ピー。私は冒頭で泣いてしましました。一体、どんな作品なのか?という事で、今週の新作は『ソー:ラブ&サンダー』(以下、『ラブ&サンダー』)でお願い致します。

あらすじ

 まずはあらすじというよりシリーズの基本設定ですね。MCUの世界では北欧神話の神々が宇宙人だ と。アスガルドという惑星に住んでいるという設定になっています。本作で4作目となる「マイ ティ・ソー」シリーズの主人公は、その北欧神話の雷の神様=ソア、ソーです。本作では「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のメンバーと共に救難活動をしながら自分探しの旅をしているという所から始まります。そんなソーの前に、神様殺しを企む悪役ゴアが現れる。またソー、元恋人ジェーンと再会を果たすという…『ソー:ラブ&サンダー』です。

ソーの物語4作目 – 主人公の心の傷

 作品全体の感想より先に本作、MCUの単独作品では最長のシリーズ4作目となる作品ですから、観客がソーというキャラクターをどれくらい好きかというのが、大きな評価軸になるのは当たり前です。「ソー最近、どうよ?」と。どう変化して本作に至っているか。そういう意味で、リアルタイムで全作品見ている私としては、まず冒頭からソーの現状に心抉られるというか、落涙しましたね。とにかく現在のソーの状況、精神状況というのが冒頭で語られるんですが、これが切ないですね。感情が麻痺して自らの心の傷に向き合う事を避けている。愛を失う事を恐れて他人を愛する事すら避けていると、ひたすらに瞑想をして、一緒に宇宙で救難活動をしているガーディアンズのメンバーに呼ばれた時だけ戦闘に参加して、戦いで心を癒している。癒しているというか麻痺させているようにすら見えたんですが、そんな現状が語られる訳ですね。「え、こんな事になっちゃっているの?」という。

 シリーズをご存じない方に、映画ではこれまでのソーの心の傷の原因、喪失が紹介されます。ソーは今までの作品を通じて、友人、仲間、弟との死別、またかつての恋人ジェーンとの別れ。故郷の惑星アスガルドの崩壊。ソーはMCU史上最も多くの喪失、心に傷を負ったキャラクターと言ってもいい。そんなソーは、『エンドゲーム』の後、ガーディアンズのメンバーと仲良くヒーロー活動しているのかな…と勝手に作品と作品の空白を埋めてたんですが、そうでもないというか。仲間を失う事を恐れて、どこかガーディアンズのメンバーにも深入りしないような距離感を保っているというのもつらかったですね。自分から主体的に戦闘に参加するのではなく、呼ばれたら行く、でもそのお呼びの声を瞑想して待ち続けている。ガーディアンズのメンバー同士の「絆」を羨ましいと言う。かなり深刻な主人公ソーの精神状態が提示されている冒頭に驚きました。先ほども言いましたが、「こんな事になってるの?ヤバくない?」という感じでしたね。

 またこの現状とソーの今までの喪失の歴史を、タイカ・ワイティティ監督演じるソーのバディである岩宇宙人コーグというキャラクターがコメディ的に語る。同時にソーは、前作で確立した演じるクリス・ヘムズワースのコメディ演技で見せますので、一見、悲惨そうには見えない・・・けど!みたいな。異化効果じゃないですが、コメディでソーの心の傷の原因が処理されている分、余計、ソーの精神状態の厳しさが際立っている印象もありました。監督パンフレットのインタビューで素晴らしい表現をしていて「ソーは心の中を整理する過程で今までの悲劇を『宇宙規模のジョークでしかないと捉えている』。凄い表現ですね、悲劇をまさしくコーグの語りのようにジョークとして心の中で処理していると。一見、コメディなんですけど、「ソー大丈夫か?」という精神状態。武器で、筋肉で、鎧で心の傷を隠している男が真に自分を見つめ直すと、そういう物語が『ラブ&サンダー』でございました。

広告の後にも続きます

 MCUの「フェーズ4」と呼ばれる作品群のテーマは「セラピー」だと。対話によって登場人物たちが心の傷を癒していく過程ばかりを描いているというのは、何回も言ってきました。これは前のフェーズ、フェーズ3の『インフィニティ・ウォー』で、宇宙規模の大きな災害的な悲劇が起こって、その結果、多くのキャラクターが心に傷を負うことになってしまった。その悲劇後だからこそ、その悲劇で負ってしまった心の傷を癒す物語がフェーズ4を占めることになったと。奇跡的なタイミングだったのは、まさしくこのフェーズ4のタイミングで全世界的にコロナ禍になってしまったということですね、現実と作品内の出来事が偶然にもリンクしたということも、このフェーズ4の「セラピー」の物語の語る意義を強めていると思います。

 実際、フェーズ4の一作品である『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』という作品では撮影がコロナでストップしている間に製作陣がコロナ禍の要素を作品に反映したという、意図的にリンクさせていている所もあります。そんなフェーズ4。悲劇の後、どう人は心の傷と向き合うのか?という物語ばかり。本作『ラブ&サンダー』も例から漏れていないでしょう。「ヒーローとはありのままの自分を受け入れる事」とは『エンドゲーム』でソーの母親がソーに言ったセリフですが、まさしくありのままの自分、心の傷と向き合う宇宙セラピー『ラブ&サンダー』。まずソーの現状に感情移入しすぎて泣いたというお話ですね。

作品全体のテイスト – パワーアップする

 こうまとめるとシリアスな映画に見えなくもないですが、めちゃめちゃコメディです。さすが、タイカ・ワイティティ。前作で好評だったコメディ要素をよりパワーアップして再現している。前作で好評だった劇中演劇。茶番劇もしっかりパワーアップしています。前作で言う、グランドマスター的奇怪な集団のボスも出てきます。ほとんど前作と同じ物語構造ですね。前作の発明で得た貯金をやや切り崩す形ですが、本作でもまだちょっと味が残っているガム。まだ噛めるぜと。前作同様コメディSFアドベンチャーとしてシリーズ4作目を作っていました。

 一応、シリーズご存知ない方にご説明しておくと、元々『マイティ・ソー』の段階から、宇宙人が地球に来るという、神々の文化と地球人の文化との違い、カルチャーギャップコメディ的な要素がある1作目だったんです。が、それでもしっかりとした硬いヒーロー誕生譚だった。しかし本作の監督タイカ・ワイティティがメガホンを取った前作『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、今までのシリーズ、マイティ・ソーというヒーロー像を解体する無茶苦茶な作品だった訳ですね。タイカ・ワイティティがマーベル上層部にプレゼンした際に提示した作品は、ジョン・カーペンター監督の『ゴーストハンターズ』という作品だったと。『ゴーストハンターズ』という作品は、今までアメリカンヒーローを演じてきたカート・ラッセル演じる主人公がほとんど役に立たないと。一方でサイドキック、ヒーローをサポートするはずの相棒の少年の方が活躍するという、ヒーローとサイドキック=相棒を逆転させた意図的なアンチ・ヒーローコメディ。これをプレゼン段階で出した。実際、出来上がった本編『マイティ・ソー バトルロイヤル』も、ソーのトレードマークとも言えるハンマー=ムジョルニアを冒頭で破壊して、前の作品で培ってきたソーのヒーロー像を徹底的に解体する。ほとんど劇中でソーは捕まっていると、何もできないというコメディに仕上げました。おまけに、元々ご自身がコメディアンでもある監督、俳優たちにアドリブをさせまくった。明らかにストーリーを逸脱する量のアドリブ、ギャグを詰め込んだ作品が『マイティ・ソー バトルロイヤル』でした。で、その路線を引き続き、本作でもやっています。

 『ラブ&サンダー』でも、「え、これ本編と関係なくない?」という明らかにアドリブであろう役者さん同士のナンセンスなやり取り、ノリが要所要所で挟み込まされます。今回は前作に増して多かったですね。この演出はどれくらい真剣に話に入り込んで良いのか分からない、観客の好き嫌い分かれるあたりでしょう。元々、MCUはお馴染みのキャラクターがあーだこーだやりあっているアンサンブルというでしょうか、本筋と関係ないキャラ萌えみたいなものこそが魅力的なシリーズでもあるので、ちょっとこの自由な感じ、最近のMCU作品では久々で懐かしさも感じましたね。 ちょっと個人的には「やり過ぎじゃない?」という所もありましたが。『ゴーストバスターズ』から前作『エンドゲーム』で見せたクリス・ヘムズワースのコメディ俳優としての才能を楽しむコメディ映画として、しっかりパッケージされています「ジャンルは何?」と聞かれたらSFアドベンチャーコメディと迷わず答えます『ラブ&サンダー』。『マイティ・ソー バトルロイヤル』ほどのフレッシュさは失われていますが、「大将いつものアレ」なコメディは十分に楽しめる作品になっていると思います。

!!以下は本編ご鑑賞後にお読みください!!

物語のテーマ – 中年の危機

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル