top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

新津ちせが体現する少女の心の成長 瀬戸内の小さな島を舞台に描く 「凪の島」予告

映画スクエア

 8月19日より劇場公開される、新津ちせ主演の映画「凪の島」の、予告映像が公開された。

 予告映像では、山口県の瀬戸内にある大自然豊かな島を舞台に、新津ちせ演じる主人公の少女・凪を中心に、凪の母(加藤ローサ)や祖母(木野花)、凪が通う小学校の担任教師(島崎遥香)、小学校の用務員(嶋田久作)らの穏やかな日常を送る姿が、用務員さんにあだ名をつけたり、ちょっとした冒険に出かけたりといった子供たちの目線で映し出される。後半には、母へ暴力を振るっていたアルコール依存症の父(徳井義実)が現れ、「もう一度一緒に暮らしたい」と言い出したことで、それまでの日常に変化が訪れることが描かれている。

 予告映像では、姉妹ピアノ連弾ボーカルユニット「Kitri(キトリ)」による、書き下ろしの主題歌「透明な」も聞くことができる。

 「凪の島」は、山口県の瀬戸内にある自然豊かな島を舞台に、少年少女の心の成長や、子供たちの目を通して描かれる心温まる家族の姿を描いた作品。監督・脚本を務めるのは、「ソウル」「卒業」「13階段」「夜のピクニック」などの長澤雅彦。山口県を舞台に数多くの作品を製作する長澤監督が、少女を主人公にした心温まるオリジナルの物語を紡いでいる。Foorinのメンバーとして活動した新津ちせが主演を務め、島崎遥香、結木滉星、加藤ローサ、徳井義実、嶋田久作、木野花らが出演する。

【作品情報】
凪の島
2022年8月19日(金) 新宿ピカデリー、MOVIX周南ほか全国順次公開
配給:スールキートス
© 2022『凪の島』製作委員会

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル