top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

フランス生まれのケーキ「パリ ブレスト」の起源【フランス】

ワウネタ海外生活


フランスといえば、パティスリーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。フランスで生みだされたパティスリーは数多くありますが、そのなかでも「パリ ブレスト」はどのお店にもおいてあり、フランスのパティスリーには欠かせない伝統菓子です。

パリ ブレストはリング型のケーキで、シュー生地の間にクリームがはさまったもの。クリームはナッツの風味がおいしいプラリネクリームです。

パリ ブレストの「パリ」はフランスの首都パリ、「ブレスト」はフランスの北西ブルターニュ地方にある港町の名前です。どうして2つの街の名前がケーキの名前になっているのかというと、ケーキとは全く関係がないように思われる自転車レースが由来なんです。
19世紀の終わり頃、フランスでは自転車が大流行しており、多くの自転車競技が行われていたのだそう。パリとブレストを往復するコースは、1891年に開始されたフランスで初めての自転車レースのコースです。このレースは世界でももっとも古い自転車レースの1つで、今でも開催されており世界中から多くの人が参加しています。

当時のコースの近くに、「Louis Durand」というパティスリーがあったのですが、大会創設者からの注文を受けてこのパティスリーが作り出したのが、パリ ブレストなんです。パリ ブレストのアイデアはエクレアをリング型にするという発想からうまれ、リング型は自転車の車輪をイメージしています。そして自転車レースに敬意を表して、パリ ブレストという名前がつけられました。今ではフランスの伝統菓子となっているパリ ブレストが、自転車レースが元で生み出されたなんて面白いですよね。

パリ ブレストを生み出したパティスリーは3世代に渡り引き継がれ、今は「Durand et Fils」という名前で営業しています。お店はパリ郊外のメゾン=ラフィットという街にあります。

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル