top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

永野芽郁 骨になったはずの亡き親友・奈緒を抱きしめる姿 「マイ・ブロークン・マリコ」ポスター

映画スクエア

×

 タナダユキ監督、永野芽郁主演による、平庫ワカの同名コミックの映画化作「マイ・ブロークン・マリコ」の劇場公開日が9月30日に決まり、ポスタービジュアルが公開された。またThe ピーズの「生きのばし」がエンディングテーマに決まった。

 ポスタービジュアルでは、永野演じるシイノが奈緒演じる親友マリコを抱きしめる姿が大きく切り取られている。シイノが愛おしく抱いているのは、シイノの目にしか映らない、骨になったはずの今は亡きマリコの姿。どこか遠くを見つめるマリコの表情とは対照的に、シイノの瞳からは、親友を亡くした悲しみと、一人で逝かせてしまったことへの怒りと悔しさ、そして彼女のために何かをしようという確固たる意志が垣間見える。ポスター右上に書かれた「勝手に逝った、あんたのために。」のキャッチコピーが、2人の絆の強さを表している。

 エンディングテーマには、タナダユキ監督たっての希望で、The ピーズの「生きのばし」が決まった。「昔、この曲を初めて聴いたとき、〈死にたい朝 まだ目ざましかけて 明日まで生きている〉という歌詞が脳天に来たというか、ダイレクトに心に響いてきて。クソみたいな日常で、クソみたいな思いを抱えながら、でも、死ぬ時まではしょうがないからなんとか生きていくしかないじゃん、という。この作品の世界観を表現できる曲として、これ以上の楽曲はないと思っています。」と、タナダユキ監督は語っている。

 「マイ・ブロークン・マリコ」は、2019年にオンラインコミック「COMIC BRIDGE」で連載された平庫ワカの作品を原作とした映画。原作は毎話SNSでトレンド入りし、メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞するなど、大きな反響を呼んだ。主人公・シイノトモヨを演じるのは、「地獄の花園」「キネマの神様」「そして、バトンは渡された」の永野芽郁。マリコを奈緒が演じるほか、窪田正孝、尾美としのり、吉田羊が出演する。日本映画監督協会新人賞を受賞した「百万円と苦虫女」のほか、「ロマンスドール」「浜の朝日と嘘つきどもと」などのタナダユキがメガホンをとる。

【作品情報】
マイ・ブロークン・マリコ
2022年9月30日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国ロードショー
配給:ハピネットファントム・スタジオ/KADOKAWA
(C)2022映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル