top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

母は別人? 父が催眠? 妹は死亡? 南沙良に襲いかかるありえない出来事 「この子は邪悪」予告

映画スクエア

 9月1日より劇場公開される、企画コンテスト「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2017」準グランプリの映画化作で、南沙良が主演する「この子は邪悪」の、本ビジュアルが公開された。

 本予告は、家族4人が遊園地に行った帰り道に、不慮の事故に遭うシーンから始まる。それから5年後のある日、脚に障害が残った心理療法士の父・司朗(玉木宏)が、植物状態から目を覚ました元気な母・繭子(桜井ユキ)を連れて帰って来る。だが、花(南沙良)は嬉しそうな家族の雰囲気になじめず、「お母さんが帰ってきた時、何か違和感があったの」と幼なじみの純(大西流星)に打ち明ける。すると、純は繭子に、「あの人、お母さんのふりをしているんじゃない?」「退行催眠について調べたんだ。洗脳みたいな事も出来るんじゃないの?」と話す。そして、母は別人で、父が催眠を使い、妹は死亡しているかもしれないという状況が映し出される。

 後半では、状況「予想外のストーリー」「想定外のラスト」が描かれることが語られ、謎めいた映像が続く。また予告映像では、主題歌に決まったゲスの極み乙女の描き下ろし曲「悪夢のおまけ」も聞くことができる。

 あわせて公開された本ビジュアルは、「ありえない」のキャッチコピーとともに、驚く花が大きく捉えられているほか、無邪気な笑顔の純、不安な表情の繭子、怪しい表情の司朗、古ぼけた心理療法室の前にたたずむ白いマスクでウサギのぬいぐるみを持つ月が写し出された、不穏なデザインとなっている。

 「この子は邪悪」は、恐ろしい出来事へと巻き込まれていく花を主人公とした作品。心理療法室院長・窪司朗の娘である花。かつて花の一家は交通事故に遭い、司朗は足に後遺症が残り、母は植物状態になり、妹は顔に重度のやけどを負った。心に深い傷を抱えていた花のもとに、母の心神喪失の原因を探る高校生・四井純が訪れ、花は純と次第に心を通わせていく。ある日突然、司朗が5年間の植物状態から目を覚ました母を連れて家に帰ってくるが、花は違和感を覚える。南沙良が主人公の花を演じるほか、大西流星(なにわ男子)、桜井ユキ、玉木宏が出演。本作が長編3作目となる片岡翔が、監督・脚本を務めている。

広告の後にも続きます

【作品情報】
この子は邪悪
2022年9月1日(木)より新宿バルト9他にて全国ロードショー
配給:ハピネットファントム・スタジオ
© 2022「この子は邪悪」製作委員会

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル