top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

矢本悠馬 プライベートでも仲の良い間宮祥太朗との共演語る 「破戒」インタビュー映像

映画スクエア

 7月8日より劇場公開される、島崎藤村の同名小説を間宮祥太朗主演で描く映画「破戒」から、悩める丑松(間宮祥太朗)を支える親友・銀之助役を演じた矢本悠馬のインタビュー映像が公開された。

 インタビュー映像で、矢本は銀之助役について、「銀之助は、丑松の一番の理解者、親友という役割ですが、丑松役が(間宮)祥太朗でプライベートでも相当仲がいいので、全くストレス無く作品に入れました」と明かしている。

 また、「破戒」で描かれるテーマについては、「明治初期の話ですが、現在でも差別はありますし、学校や近所とか身近なところで、「人と違う」ということでイジメを受けている。それも差別だと思うから、広い範囲で日常生活の中にあるものだと思います。(親友である丑松の告白を受け入れた)銀之助みたいに急に柔軟にはなれないかもしれないけれど、この作品を通して(差別をしている)当事者や、見て見ぬふりをしている人たちも、相手を思いやる想像力というか、何か心が豊かになるきっかけになればと思っています」とメッセージを送っている。

 「破戒」は、被差別部落出身であることを隠して小学校の教師を務める瀬川丑松の苦悩を描いた島崎藤村の小説を、60年ぶりに映画化した作品。亡くなった父から、出自を隠し通すよう強い戒めを受けていた丑松だったが、父からの戒めを破り、出自を隠さず生きる決意をする。丑松を「東京リベンジャーズ」などの間宮祥太朗、丑松が恋をする士族の娘・志保を石井杏奈が演じるほか、矢本悠馬、眞島秀和、高橋和也、竹中直人らが顔をそろえる。「発熱天使」「みみをすます」の前田和男が監督を務める。

【作品情報】
破戒
2022年7月8日(金)より丸の内TOEIほか全国公開
配給:東映ビデオ
©全国水平社創立100周年記念映画製作委員会

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル