top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「せっかくいい話なのに」 工藤静香の親孝行エピソードに集まった絶賛とヤジ

アサジョ

「ここは素直に褒めるべき」「相変わらず話題が下品ですね」「やっぱりなんか好きになれない」‥‥。ネットで賛否が真っ二つに分かれる事態をもたらしたのは、歌手・工藤静香によるケタ違いの親孝行にまつわるエピソードだ。

 1984年、まだ14歳だった工藤は「ミス・セブンティーンコンテスト」に出場し、特別賞を受賞。その後は女性アイドルグループ・おニャン子クラブの主要メンバーとして活躍を続け、1987年のソロデビュー後もヒット曲を連発するトップアイドル歌手であり続けた。

 そんな彼女が親への大きな恩返しを果たしたのは22歳の頃だったという。7月2日放送の「THE MUSIC DAY」(日本テレビ系)では、ゲスト出演した工藤について、「14歳の頃から貯金を貯めて、22歳でついにお家を買った」と紹介。番組MCの嵐・櫻井翔から「初めてお家を買ったのが22歳!? 早いですね」と驚きのリアクションが上がると、工藤は「母が病気をして、入院が長引いてたんで、退院した時に何か目標になるものをって。それで、ちょっと、バーンっと買いました。貯金を全部使った感じ」と笑いながら振り返った。

「インスタグラムから発信される日々の工藤の優雅な暮らしぶりについては常に賛否の的となっている現状がありますが、この日共演した親友で女優の飯島直子からは『こう見えて、すごく純粋で少女みたいなんです。見えないと思うんですけど、純粋で少女みたいな。裏表ないです。すごく正直で素直な。可愛らしい、大好きです』との強力な援護コメントを頂戴。

 しかし、ネットでは相変わらずの不評ぶりが続き、14歳からコツコツとお金を貯めて、退院した親のために22歳の若さで家を建てたとの心温まるエピソードにも『芸能人って有名になると両親にお家をプレゼントするのはよく聞きますので、この人が特別ではないと思います』『せっかくいい話なのに、なぜか好きにはなれない』『インスタではブランド品で、今度の自慢のお品はお家ときましたか』などの冷めた反応が散見。もちろん、工藤の“純粋さ”がうかがえるものだとして、『22歳で親に家をプレゼントなんて、立派』『これはお母様も嬉しいよね。家も嬉しいけど、退院まで頑張るきっかけをくれた思いやりは何よりの薬だったんじゃない?』『素直にカッコイイなぁと思いました』『凄いです。なかなか出来ません』『なんだかんだ素直で優しい人なんだと思うよ』と絶賛する人も多かったのですが、日頃の印象が強すぎるのか、こうした親孝行のエピソードにも少なくない反発の声が集まってしまうようです」(テレビ誌ライター)

広告の後にも続きます

 良く悪くも、その一挙手一投足に注目が集まる工藤。一方で、身内が見る彼女は家族愛が強く、ひたむきに努力を続けられるタフさを持ち合わせている・そんな人物なのかもしれない。

(木村慎吾)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル